[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

揺れる韓国サッカー界の加速的衰退を予想 中国専門家「東アジアの光は、やはり日本を見るべき」

韓国サッカー界が揺れている。今月まで開催されたアジアカップでは64年ぶりの優勝を目指したが、4強で敗退。準決勝の前夜には主力選手たちのいざこざがあり、主将ソン・フンミンが右手の指を負傷する事態まで起きた。同国サッカー協会は16日の「サッカー代表チーム事案関連役員会議」で、ユルゲン・クリンスマン監督の解任を決定。この騒動には中国の専門家も「韓国サッカーの後退が始まる」と指摘している。

韓国はアジアカップ準決勝でヨルダンに敗戦【写真:ロイター】
韓国はアジアカップ準決勝でヨルダンに敗戦【写真:ロイター】

アジアカップの内紛&監督解任で激震

 韓国サッカー界が揺れている。今月まで開催されたアジアカップでは64年ぶりの優勝を目指したが、4強で敗退。準決勝の前夜には主力選手たちのいざこざがあり、主将ソン・フンミンが右手の指を負傷する事態まで起きた。同国サッカー協会は16日の「サッカー代表チーム事案関連役員会議」で、ユルゲン・クリンスマン監督の解任を決定。この騒動には中国の専門家も「韓国サッカーの後退が始まる」と指摘している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 アジアカップでは4強に終わった韓国。0-2で敗れた準決勝ヨルダン戦の前夜、夕食を終えたイ・ガンインが卓球をするために席を立ったところで、食事を選手の団結の場としたかったソン・フンミンが咎めていざこざに発展。その過程でソン・フンミンが負傷したと韓国メディアに報じられている。

 イ・ガンインは自身のSNSで謝罪し、法定代理人が一部報道を否定する事態に。さらに16日にはクリンスマン監督の解任が決まった。以前から疑問視されていた采配面などに加え、今回の“内紛”を制御できなかったことも一因だとされている。

 激震が走った韓国サッカー界に対して、中国からも関心が寄せられている。同国版SNS「ウェイボー」では、著名なスポーツ評論家の黄健翔氏が「韓国に内紛があったとのニュースを聞いて、なぜあれだけ苦労していたのか、ついに分かった」とアジア杯敗退に納得した様子の意見を記した。

「内部に問題を抱えたチームは、選手の間にわだかまりがあるため、なめらかで、効率的で、理にかなった戦術を打ち出すことはできないものだ」と指摘。個人的な意見として、韓国サッカーが「今後10年、20年の間、下り坂を加速度的に下っていくのではないかと思っている」とも記した。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集