[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

余震続きで雑魚寝も…NECに0-3完敗KUROBEは懸命に前へ「応援してもらえるような戦いを」

バレーボールのV1リーグ女子レギュラーラウンドが28日、東京・大田区総合体育館などで行われ、今季11位のKUROBEアクアフェアリーズが同3位のNECレッドロケッツに0-3(9-25、13-25、20-25)でストレート負けした。サーブで崩され、主導権を奪われる展開。指揮官は「完敗」と振り返った。

KUROBEアクアフェアリーズの住田帆志乃【写真:中戸川知世】
KUROBEアクアフェアリーズの住田帆志乃【写真:中戸川知世】

バレーボールV1リーグ

 バレーボールのV1リーグ女子レギュラーラウンドが28日、東京・大田区総合体育館などで行われ、今季11位のKUROBEアクアフェアリーズが同3位のNECレッドロケッツに0-3(9-25、13-25、20-25)でストレート負けした。サーブで崩され、主導権を奪われる展開。指揮官は「完敗」と振り返った。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 KUROBEは昨季ファイナルステージ女王になす術がなかった。日本代表の古賀紗理那らのサーブに揺さぶられるなど、攻撃にうまく繋げられない場面が目立った。さらにタイ代表のコンヨット・アチャラポーン、米国出身のダニエル・ドルーズなど強力攻撃陣を止められず。第3セットは一進一退の攻防を繰り広げたが、最後は20-23から古賀に連続アタックを決められて敗れた。

 27日のアランマーレ戦からの2連勝はならず。伊東克明監督は「完敗。なす術なく、それだけだった」と認め、敗因を振り返った。

「サーブで崩されて自分たちの攻撃ができなかった。ある程度は崩されるのがわかっていたけど。それで自分たちのバレーができなかったのが大きな傷口になった。簡単に攻撃を返されて強力な攻撃を受けた。何もできなかったなというのが本日の感想です」

 自分たちの長所を消されることは想定していたが、NECの徹底ぶりに屈した。住田帆志乃は「最後に変化したり、嫌なところに打ってくる」と相手サーブの印象を吐露。「移動する前のところに打たれたり、こちらが動いた逆をついてくる。攻撃しにくいところに打たれたり、対応したら今度は逆に打たれる。サーブを全員が使いこなしていて、脅威になるものだった」と唇を噛んだ。

 富山に本拠地を置くチームは、元日の能登半島地震の影響を受けた。余震の中、寮の食堂で雑魚寝する期間も。先週からホームの体育館を使えるようになり、幸いにも生活も日常に戻ってきたが、それまでは市や隣り町の体育館を借りなければならないなど、予定に通りに調整できなかった。

「不安の中でプレーするのではなく、応援してもらえるような戦い方をしよう」。チーム内で話し合って決めた。この日は劣勢ながら、得点ごとに客席の一画から声を枯らす応援団がいた。次戦は2月3日に地元の黒部市総合体育センターで東レと対戦。感謝を忘れず、懸命な姿を届けていく。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集