[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー日本代表・古賀紗理那、両軍最多21得点でNECの勝利貢献 「苦しい場面でも焦らずできた」

バレーボールのV1リーグ女子レギュラーラウンドが27日、東京・大田区総合体育館などで行われ、今季4位のNECレッドロケッツが同9位のPFUブルーキャッツに3-0(27-25、25-19、27-25)でストレート勝ちした。日本代表の古賀紗理那は両軍最多21得点。「苦しい場面でも焦らずできた」と振り返った。

ストレート勝ちしたNECレッドロケッツ【写真:中戸川知世】
ストレート勝ちしたNECレッドロケッツ【写真:中戸川知世】

バレーボールV1リーグ

 バレーボールのV1リーグ女子レギュラーラウンドが27日、東京・大田区総合体育館などで行われ、今季4位のNECレッドロケッツが同9位のPFUブルーキャッツに3-0(27-25、25-19、27-25)でストレート勝ちした。日本代表の古賀紗理那は両軍最多21得点。「苦しい場面でも焦らずできた」と振り返った。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 プレーで、笑顔でチームを牽引した。古賀は第1セット(S)の2-0からサービスエース。開始から4連続ポイントで勢いづけた。2度の4連続失点で逆転されて流れを失うと、最大5点差をつけられる展開。それでも14-19から相手のブロックを弾くアタック、さらにはブロックでも得点した。21-21から強烈なバックアタックで逆転。24-24からもバックアタックを決め、27-25の接戦で第1Sをものにした。

 リズムを掴んだ第2Sは序盤からリードを奪い、古賀もフェイントで得点するなど活躍。第3Sは24-24からクロスにアタックを決めた。26-25とくらいつく相手に対し、最後は自身のアタックで勝負あり。チームメートたちと笑顔を弾けさせた。

 古賀は「今週は今シーズン最後のホームゲーム。勝ち切って次の週を迎えようと思った。最後は劣勢だったけど、獲り切って、苦しい場面でも焦ることなくできたのが勝因だと思います」と振り返った。金子隆行監督は「厳しい試合になるのは覚悟して臨んだ」とコメント。東レとの21日の前戦は2-3で敗れただけに連敗は避けたいところだった。

「先週は悔しい敗戦。選手たちは我慢強くプレーし、粘り強くプレーできたのが勝因だと思います。真ん中のバックアタックもできた。精度を上げることが大事。JTも全勝で突き進んでいるので、うちもバリエーションを増やしていきたい。選手の配置、リザーブも含め選手の底上げをしていきたい」

 昨年はレギュラーラウンド4位ながらファイナルステージで優勝。12月の皇后杯も連覇を飾った。28日には同会場でKUROBEと対戦する。

■ドルーズ・ダニエル(古賀に次ぐ16得点)
「先週の悔しい負けを経て、チームとして一丸となって戦えたのが勝因。自分が何をやるべきか考えて、今週取り組めた。本当に一人ひとりがチームを盛り上げられてよかった。(Vリーグの印象について)ディフェンス、ボールコントロールがいいチームがたくさん。その面で日本に来るのが楽しみだった。

 日本に来てからディフェンスがいいと実感しました。アタッカーとしてどういうコースに打つかのチャレンジ。成長できるところもある。オフザボールでの動き、ディフェンスを見て仲間と連係して動くことが学べた。週末2試合なのもいい。チームで練習する時間がとれるいいリーグ。遠征に行く時間も確保されていている。練習もハイクオリティー。一日、一日成長を感じられるのが日本のいいところ」

■大エ園彩夏(リベロとして勝利に貢献)
「先週の反省を生かしてコミュニケーションを獲ることを意識してきた。チームの理解が深まって、いい連係ができたと思う。繋げるボールを繋げられたかなと思います。できることをコートの中で求められるので、気持ち的にこの1週間は特に自分から発信することを意識した。周りに聞いたり、プレーに集中することです。初めてのスタートリベロ。どこまで私がいけるか。守備範囲の確認を深くやってきた。先週より出せたと思う。明日に向けてコミュニケーションを取っていきたい」

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集