[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山形で待っていた日本流のおもてなしが「別格だ」 海外代表チームが舞台裏のコンビニグルメに感激

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人第11戦が19日、山形・アリオンテック蔵王シャンツェで開幕した。ヨーロッパからもトップ選手が集まっているが、ノルウェー代表は会場の“おもてなし”に感激している様子だ。

スキージャンプW杯が蔵王で開催された【写真:Getty Images】
スキージャンプW杯が蔵王で開催された【写真:Getty Images】

スキージャンプW杯蔵王大会でノルウェー代表が投稿

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人第11戦が19日、山形・アリオンテック蔵王シャンツェで開幕した。ヨーロッパからもトップ選手が集まっているが、ノルウェー代表は会場の“おもてなし”に感激している様子だ。

 ノルウェー代表公式インスタグラムはストーリー機能で1本の動画を掲載した。

 そこでは、会場の舞台裏でズラリと日本のコンビニごはんが並んでいる。塩むずびや紅じゃけのおにぎり、さまざまな菓子パンや総菜パン、さらにカップヌードルなど、日本人にはお馴染みの品ばかり。ケータリングとして選手らが自由に取れる軽食のようだ。

 海外では日本のコンビニの商品に驚かれることが多く、投稿では「ザオウ(蔵王)のスナックは別格だ」とひと言添え、おもてなしに感激した様子だった。

 こうして海外選手が日本の文化に触れるのも国際大会ならでは。19日に行われた競技は、日本勢では3大会連続五輪に出場している伊藤有希が2位、2018年平昌五輪ノーマルヒル銅メダリストの高梨沙羅が11位だった。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集