[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「野球では何でもできるのに…」 大谷翔平の意外な“弱点”を元指揮官が回顧「信じられなかった」

米大リーグのドジャースに移籍した大谷翔平投手の意外な一面を、かつての指揮官が明かした。2022年途中までエンゼルスの監督を務め、投打二刀流の完成に欠かせない存在だったジョー・マドン氏が、大谷の苦手なものや、野球の助けとなっている性格を指摘している。

大谷翔平【写真:ロイター】
大谷翔平【写真:ロイター】

元エンゼルス監督、ジョー・マドンが明かす大谷の素顔

 米大リーグのドジャースに移籍した大谷翔平投手の意外な一面を、かつての指揮官が明かした。2022年途中までエンゼルスの監督を務め、投打二刀流の完成に欠かせない存在だったジョー・マドン氏が、大谷の苦手なものや、野球の助けとなっている性格を指摘している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 米専門局「MLBネットワーク」の番組「MLBトゥナイト」に出演して答えたもの。そこで大谷について明かしたのは、意外な“弱点”だ。

「彼をゴルフに誘おうと思ってビデオを見たけど、上手ではなかったよ。信じられなかったけど、野球のフィールドでは何でもできるのに、ゴルフボールは打つことができそうになかった」と、小さなボールの扱いは決してうまくないとする。

 一方で「あとは、ビリヤード台があって、試合後に彼はそこにいて、いつも競い合っていたんだ。彼は勝負をするのが大好きだ」と大谷の“勝負根性”を称えている。

 そこで思い出されるのが、大リーグ記録の2632試合連続出場の記録を持つカル・リプケン・Jr氏だという。「リプケンと過ごした時も同じだった。リプケンはバッティング練習や内野練習の時も、いつも勝負をしていた。ショウヘイもいつも勝負をしている。だから大事な瞬間の勝負にひるまずにいられるのだ」と、2人の共通点を指摘した。

 また大谷は「台本をたくさん用意しているタイプではなく、瞬時に状況を操作、又は判断ができる。走塁の時も判断できる。打者をよく見て何を投げたらいいかもわかっているし、投手のこともよく見ていて、どこを狙えばいいかもわかっている」とプレー中に周囲を把握する能力の高さを称え「彼はそれほどの“野球の天才”なんだ」としている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集