[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「これがユウキ・ツノダが史上最高である理由だ」 “トップ3”入りの快挙、F1角田裕毅に海外喝采

自動車レースのF1今季最終戦となるアブダビGP決勝が26日に行われ、唯一の日本人ドライバー角田裕毅(アルファタウリ)は8位入賞を果たした。決勝では一時トップを走るなどのパフォーマンスに、F1公式はパワーランキング3位という高評価をで走りをたたえたが、ファンからも「史上最高のドライバーである理由だ」「認められていてうれしい」「有終の美」と称賛が集まっている。

角田裕毅【写真:Getty Images】
角田裕毅【写真:Getty Images】

F1公式が発表するパワーランキングで3位に

 自動車レースのF1今季最終戦となるアブダビGP決勝が26日に行われ、唯一の日本人ドライバー角田裕毅(アルファタウリ)は8位入賞を果たした。決勝では一時トップを走るなどのパフォーマンスに、F1公式はパワーランキング3位という高評価をで走りをたたえたが、ファンからも「史上最高のドライバーである理由だ」「認められていてうれしい」「有終の美」と称賛が集まっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 角田は予選で自己最高位となる6番グリッドを奪うなど素晴らしいパフォーマンスを披露。F1公式X(旧ツイッター)などで発表されたパワーランキングでは、優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が10点満点中9.2、2位だったシャルル・ルクレール(フェラーリ)が8.8。角田はそれに次ぐ8.6点で3位となっている。

 日本だけでなく、世界中のファンが角田の走りには大興奮。このパワーランキングには多くのコメントが寄せられた。

「ユウキはむしろもっと高い評価に値する」
「ツノダがたった8.6」
「これがユウキ・ツノダが史上最高のドライバーである理由だ」
「ユウキが認められてうれしい」
「2位かと思ったら3位だった」
「いっときは最も遅い車と言われた車のドライバーが歴戦のドライバーを抜いて3位だよ!!」
「皆に認められていて嬉しい」
「角田くん今年の有終の美を飾る3位」

 さらに日本語で「いやもうホント角田くんをレッドブルに乗せてよ。見てみたいんだよ。ホントにどれだけ速いのか…」と親チームへの昇格を求める声も。来季はどんな走りを見せてくれるだろうか。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集