[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

角田裕毅、最終戦の激走は「トップ3」の高評価 F1公式が絶賛「素晴らしいシーズンの終わり方」

自動車レースのF1第23戦、アブダビGPの決勝が26日に行われ、唯一の日本人現役ドライバー角田裕毅(アルファタウリ)は8位入賞を果たした。このレースでのパフォーマンスにはF1公式サイトも注目。パワーランキングでは優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と2位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に次ぐ3位に入り「素晴らしいシーズンの終わり方」とたたえている。

角田裕毅【写真:Getty Images】
角田裕毅【写真:Getty Images】

F1公式が発表するパワーランキングで3位に

 自動車レースのF1第23戦、アブダビGPの決勝が26日に行われ、唯一の日本人現役ドライバー角田裕毅(アルファタウリ)は8位入賞を果たした。このレースでのパフォーマンスにはF1公式サイトも注目。パワーランキングでは優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と2位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に次ぐ3位に入り「素晴らしいシーズンの終わり方」とたたえている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 角田は自身最高となる予選6番手からスタートし、一時はトップを走行していた。最終ラップは追い上げてきたルイス・ハミルトン(メルセデス)と激しいバトルを展開。一度はパスされたもののすぐに抜き返し8位でフィニッシュした。ファンによる「ドライバー・オブ・ザ・デイ」にも選ばれている。

 F1公式X(旧ツイッター)などで発表されたこのレースのパワーランキングを見ると、このレースで今季19勝目を挙げたフェルスタッペンが9.2、ルクレールが8.8、角田は僅差の8.6で3位となっている。

 これは5人の審査員が、各GP後に10点満点で採点するもので、高得点をつけた理由を「ツノダは今年、アルファタウリで目覚ましい活躍をし、シーズンを通して大きく前進を遂げた」としたF1公式は、アルファタウリが僅差でコンストラクタ―ズランキングの7位をウィリアムズと争っていたことを紹介。「この日本人レーサーは、チームの目標達成に全力で貢献した」とたたえている。

 さらに「彼は予選で輝かしかった。彼らはワンストップ戦略を選んだがうまくいかず8位に終わった。目標には届かなかったが、個人的な観点からすると、彼にとって素晴らしいシーズンの終わり方だった」と今季の戦いに言及。17ポイントを挙げ、ドライバーズランキング14位に入ったことを含めて高く評価しているようだ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集