[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、海外メディアの質問にまさかの“謝罪” 「愛」を問われ「何も考えてないです(笑)」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が24日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕。男子ショートプログラム(SP)は22年北京五輪銀メダリスト・鍵山優真(オリエンタルバイオ)が今季世界最高の105.51点、宇野昌磨(トヨタ自動車)が100.20点で日本勢のワンツー発進となった。演技後、上位3選手の会見で海外メディアから宇野にまさかの質問が飛び「本当に何もないです、すみません(笑)。申し訳ないです」と“謝罪”する一幕があった。

NHK杯、男子SPに出場した宇野昌磨【写真:矢口亨】
NHK杯、男子SPに出場した宇野昌磨【写真:矢口亨】

GPシリーズ第6戦・NHK杯

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が24日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕。男子ショートプログラム(SP)は22年北京五輪銀メダリスト・鍵山優真(オリエンタルバイオ)が今季世界最高の105.51点、宇野昌磨(トヨタ自動車)が100.20点で日本勢のワンツー発進となった。演技後、上位3選手の会見で海外メディアから宇野にまさかの質問が飛び「本当に何もないです、すみません(笑)。申し訳ないです」と“謝罪”する一幕があった。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 最終滑走となった世界選手権2連覇中の宇野。自身の名前が入った黄色いタオルを掲げるファンの大歓声を浴びてリンクに登場すると、冒頭の4回転フリップに成功。続く連続ジャンプで回転不足を取られたが100.20点をマーク。首位の鍵山にわずかに及ばなかったものの、会見では「今日の演技は満足しています。今日まで練習してきたことも出せたと思う」と振り返った。

 会見では海外メディアから宇野に思わぬ質問が飛んだ。3曲の組み合わせられたSPでは、冒頭に「I love you」のフレーズが連呼される。「あなたにとってどういった意味を持つフレーズなのか?」と問われると、壇上の宇野は苦笑いを浮かべた。

 会場も笑いが起きる中、宇野は「あんまり面白くない答えになるけれど、何も考えてないですし、中身がある返しをできないことに悔しく思うんですけど(笑)」と正直に答えた。「ステファンがこのプログラムを持ってきて、日本語ではこういう音楽はなかなかないと思いますけど、洋楽ならありがちなのかなと……本当に何もないです、すみません。申し訳ないです」と最後は笑顔で“謝罪”していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集