[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季世界最高の鍵山優真を2位宇野昌磨が大絶賛「僕の点数が低かったというより優真君が凄すぎた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が24日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕。男子ショートプログラム(SP)は22年北京五輪銀メダリスト・鍵山優真(オリエンタルバイオ)が4回転ジャンプを2本成功させ、今季世界最高の105.51点で首位発進した。2位となった宇野昌磨(トヨタ自動車)は「全員が完璧な演技したら、(イリア・)マリニン君とかアダム(・シァオイムファ)君よりも上にくる選手だと思う」と他のトップ選手と比較しながら大絶賛した。

男子SPに出場した鍵山優真(左)と宇野昌磨【写真:矢口亨】
男子SPに出場した鍵山優真(左)と宇野昌磨【写真:矢口亨】

GPシリーズ第6戦・NHK杯

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が24日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕。男子ショートプログラム(SP)は22年北京五輪銀メダリスト・鍵山優真(オリエンタルバイオ)が4回転ジャンプを2本成功させ、今季世界最高の105.51点で首位発進した。2位となった宇野昌磨(トヨタ自動車)は「全員が完璧な演技したら、(イリア・)マリニン君とかアダム(・シァオイムファ)君よりも上にくる選手だと思う」と他のトップ選手と比較しながら大絶賛した。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 鍵山は冒頭の4回転サルコー、4回転―3回転の連続トウループを完璧に着氷。ステップ、スピンを含め、どれを取っても質の高い演技にまとめ、後半の3回転アクセルも綺麗に決めた。キス・アンド・クライで今季世界最高105.51点が表示されると、口をあんぐり開けてビックリ仰天。場内の大きな歓声を浴びた。最終滑走となった世界選手権2連覇中の宇野は冒頭の4回転フリップを決めたものの、続く連続ジャンプで回転不足を取られた影響もあり、100.20点で鍵山にわずかに及ばなかった。

 それでも、宇野は「すごい良かったなと思います。演技自体は今、僕ができる申し分ない演技ができた」と満足げ。「僕以上に優真君の演技が素晴らしかった。僕の点数が低かったというより優真君が凄すぎた」と後輩を素直に称えた。演技についても「朝の氷と本番の氷は感覚が違ったので、良く合わせてすごいなと思った」と脱帽。「ジャンプだけじゃなくすべてが上手いので。全員が完璧な演技したら、マリニン君とかアダム君よりも上にくる選手だと僕は思っています」と述べた。

 3位のルーカス・ブリッチギー(スイス)は86.42点と、日本勢2人が大きく突き放した頂上決戦は25日のフリーで決着する。





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集