[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夢は振付師、自らプログラム考案の大学4年生・青木祐奈がGP初出場に万感「披露できて価値がある」【フィギュアNHK杯】

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が24日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕。女子ショートプログラム(SP)で初出場の青木祐奈(日大)が自己ベストの58.28点をマークし、8位となった。自身で振り付けを考えたプログラムでスタンディングオベーションを浴び「沢山の方が見ている国際大会で、自分で作ったプログラムを披露できたのは価値があると思う。挑戦してよかった」と喜んだ。

女子SPで自己ベストをマークした青木祐奈【写真:矢口亨】
女子SPで自己ベストをマークした青木祐奈【写真:矢口亨】

GPシリーズ第6戦・NHK杯

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が24日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕。女子ショートプログラム(SP)で初出場の青木祐奈(日大)が自己ベストの58.28点をマークし、8位となった。自身で振り付けを考えたプログラムでスタンディングオベーションを浴び「沢山の方が見ている国際大会で、自分で作ったプログラムを披露できたのは価値があると思う。挑戦してよかった」と喜んだ。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 自分で考えた振り付けで、日の丸揺れるラクタブドームを沸かせた。トップバッターでの演技。「昨日からずっと緊張していたけれど、歓声が凄く聞こえてパワーになった」。冒頭の3回転ルッツ―3回転ループの連続ジャンプに着氷。2回転アクセル、3回転フリップといずれも細かい減点がありながら、感情をこめて滑り切った。

 フィニッシュを決めると、客席はスタンディングオベーション。惜しみない拍手が送られた。「回転不足もあったけれど、気持ちよくのびのびとできてよかった。昨日までの不安に打ち勝てた意味で嬉しかった」。小さく左手で作ったガッツポーズに、充実感を込めた。

 GPシリーズ初出場の大学4年生。東日本選手権では、合計179.40点で初優勝していた。「怪我などいろいろあって、ここまで残れたのはたくさんの方のおかげ」。小さいころから自由に曲をかけて踊るのが好きで、将来は振付師になることが一つの夢。大舞台のSPは自ら考えたプログラム「Young and Beautiful」で臨んだ。

 大会資料のSP振付師の欄には、自分の名前が刻まれた。「試合で披露するプログラムとしては初めてです。(大学4年で)最後になるかもしれないと思い、やりたいことをやろうと思っていた」。25日のフリーに向けて「いい演技をショートとフリーで揃える。自分が満足できる演技ができればいいな」と話した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集