[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イクイノックス「1分55秒2」の衝撃が海を渡る 豪州記者「?!?!?! 助走ありでもありえない」

世界の競馬界を騒然とさせるレコードタイムが生まれた。29日に東京競馬場で行われた天皇賞・秋(G1)で、6枠7番のイクイノックス(牡4、木村、父キタサンブラック)は芝2000mを1分55秒2のJRAレコードで優勝。このタイムに、海外の競馬関係者からも驚きの声が上がっている。

イクイノックス【写真:Getty Images】
イクイノックス【写真:Getty Images】

豪メディアの記者がXに驚きの投稿

 世界の競馬界を騒然とさせるレコードタイムが生まれた。29日に東京競馬場で行われた天皇賞・秋(G1)で、6枠7番のイクイノックス(牡4、木村、父キタサンブラック)は芝2000mを1分55秒2のJRAレコードで優勝。このタイムに、海外の競馬関係者からも驚きの声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 単勝1.3倍の1番人気に支持されたイクイノックスは、スタートから先行し先頭集団のやや後方につけた。3番手で最後の直線を迎えると、持ったまま先頭に並び一気に加速。上がり3ハロンを34秒2でまとめて楽々押し切った。

 衝撃的だったのは勝ちタイムで、豪メディア「ANZブラッドストック」のアンドリュー・ホーキンス記者は自身のX(旧ツイッター)に「1:55.2 ?!?!?! 助走ありだとしても、2000mでこれはただただ常識ではありえない」と投稿。文面から驚きがあふれている。

 イクイノックスは昨年の天皇賞・秋から有馬記念、アラブ首長国連邦(UAE)で行われたドバイシーマクラシック、宝塚記念に続くG1レースを5連勝。通算9戦7勝、2着2回と出走した全レースで連対を果たし、圧倒的な強さを見せている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集