[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本の高校生が韓国野球に投げつける教訓」 韓国メディアも驚いた甲子園V・慶応の頭髪自由化

今夏の高校野球で107年ぶりの日本一に輝いた慶応(神奈川)のスタイルが、海の向こうにも衝撃を与えたようだ。選手たち自身が「高校野球の常識を変える」と目標を語り、エンジョイ・ベースボールを掲げて勝ち進む姿は、自由な髪型もあって話題となった。韓国メディア「スターニュース」が、「日本の甲子園優勝チームが韓国野球に投げつける教訓」という記事で、自国のスタイルと対比している。

甲子園V・慶応のスタイルが韓国にも衝撃を与えている(写真はイメージです)
甲子園V・慶応のスタイルが韓国にも衝撃を与えている(写真はイメージです)

107年ぶり日本一を成し遂げた慶応…事実上の野球推薦なしに衝撃

 今夏の高校野球で107年ぶりの日本一に輝いた慶応(神奈川)のスタイルが、海の向こうにも衝撃を与えたようだ。選手たち自身が「高校野球の常識を変える」と目標を語り、エンジョイ・ベースボールを掲げて勝ち進む姿は、自由な髪型もあって話題となった。韓国メディア「スターニュース」が、「日本の甲子園優勝チームが韓国野球に投げつける教訓」という記事で、自国のスタイルと対比している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 ハニャン大のイ・ジョンソンスポーツ産業学科教授が寄稿したもの。「興味深いことに、慶応が日本で話題となったのは野球だけのためではない。事実上“野球特技生”がない学校だからだ」「慶応にはいわゆる野球推薦がなく、スポーツや文化活動を含めた推薦制度を利用するにも高い学力が必要なことが知られている」と学業優先のスタイルに関心を示している。

 さらに「どうやって甲子園の頂上に立ったのだろうか。実力に優れた選手がたくさんいたからだが、慶応高は彼らに強圧よりも自律を求めた」と説明。慶応高からは「スポーツとは無関係な学科に進学する野球選手も少なくない」と指摘。「学科の成績が悪い選手は練習と試合から除外される」と驚いた様子だ。

 また、日本でも議論を呼んだ選手の頭髪にも目が行ったようだ。「日本の高校野球選手はほとんど頭を短く刈らなければならないが、慶応はずっと以前から頭髪の自由化を選んでいる。野球選手として、また一般社会人として成功した生活を送るには“髪の長さ”に象徴される規律が必ずしも重要ではないという判断」と背景まで推察している。

 さらに一般生徒と特待生が一緒にプレーしたり、学校教諭が監督を務めたりすることを紹介。「勉強する学生選手を目指す韓国野球にも、教訓に値する」と結論付けた。韓国で野球部を持つ高校は100校に満たず、年に数度ある全国大会も日本のように盛り上がることはない。元プロ選手が指導することが多く、野球推薦でエリートを集めるケースが大半。対照的なスタイルが、参考にすべきものと映ったようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集