[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1恐怖のスピン→美しいリカバリーの技術を海外称賛 「素晴らしい制御」「常軌を逸してる」

自動車レースのF1第20戦メキシコGPが27日(日本時間28日)に開幕した。フリー走行2回目では42歳のフェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)のマシンが白煙を上げながらスピン。一瞬ヒヤリとさせたが巧みなハンドリングで即座にリカバリーした。F1公式が「美しい360度回転」と記して画像と動画を公開。海外ファンから「素晴らしいコントロール」「常軌を逸している」と反響が集まった。

アストンマーチンのフェルナンド・アロンソ【写真:ロイター】
アストンマーチンのフェルナンド・アロンソ【写真:ロイター】

F1メキシコGP

 自動車レースのF1第20戦メキシコGPが27日(日本時間28日)に開幕した。フリー走行2回目では42歳のフェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)のマシンが白煙を上げながらスピン。一瞬ヒヤリとさせたが巧みなハンドリングで即座にリカバリーした。F1公式が「美しい360度回転」と記して画像と動画を公開。海外ファンから「素晴らしいコントロール」「常軌を逸している」と反響が集まった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 最年長ドライバーが技を見せた。フリー走行2回目。コーナーに差し掛かったアロンソのマシンがスピードに乗ったままスピンした。タイヤから白煙を巻き上げながら高速で1回転。一瞬ヒヤリとさせたが、即座に持ち直して衝突を免れた。

 画像と車載カメラの動画を公開したF1公式X(旧ツイッター)は「フェルナンドにとって恐怖のスピンだった! スナップ・オーバーステアでアロンソはバリアに衝突しかけたが、彼はそれを美しい360度回転に変え、ピットに戻った」と記して投稿。「高速スピンもフェルナンドにとっては何も心配ない」と称えた。

 海外ファンからは「恐ろしい」「めっちゃ怖い」「クラッシュしなくて良かった」と安堵の声。「素晴らしいコントロール」「常軌を逸している」「どうやってセーブしたんだ」と称賛するコメントも寄せられた。

 アロンソはフリー走行2回目で20番手。レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークし、アルファタウリの角田裕毅は12番手だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集