[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NBA日本人対決はレイカーズに軍配! 八村7得点、渡邊3得点 レブロン奮起の21得点で12点差逆転

米プロバスケットボール(NBA)は26日(日本時間27日)、八村塁が所属するレイカーズと渡邊雄太が所属するサンズの一戦がクリプトドットコム・アリーナで行われた。2人がともにコートに立つ“日本人対決”が実現し、100-95でレイカーズが勝利した。八村は12分29秒の出場で7得点、1ブロック。渡邊は14分50秒の出場で3得点、1リバウンドだった。過去5戦は全て渡邊の所属チームに軍配が上がっていたが、初めて八村の所属チームが勝利した。

日本人対決でともにコートに立ったレイカーズ八村塁(右)とサンズ渡邊雄太【写真:ロイター】
日本人対決でともにコートに立ったレイカーズ八村塁(右)とサンズ渡邊雄太【写真:ロイター】

通算6度目のNBA日本人対決、八村の所属チームが初勝利

 米プロバスケットボール(NBA)は26日(日本時間27日)、八村塁が所属するレイカーズと渡邊雄太が所属するサンズの一戦がクリプトドットコム・アリーナで行われた。2人がともにコートに立つ“日本人対決”が実現し、100-95でレイカーズが今季初勝利を挙げた。八村は12分29秒の出場で7得点、1ブロック。渡邊は14分50秒の出場で3得点、1リバウンドだった。過去5戦は全て渡邊の所属チームに軍配が上がっていたが、初めて八村の所属チームが勝利した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 通算6度目、今季初の日本人対決は両者ともにベンチスタートとなったが、先に出場したのが八村。13-13で迎えた第1クォーター(Q)残り6分31秒となったところで、大黒柱レブロンに代わってコートへ。直後に鮮やかな3ポイントシュートでこの試合初得点を決めた。相手のスター「KD」ことケビン・デュラントのショットをブロックするシーンも。残り2分46秒から渡邊も出場。日本人2人がコートに立った。

 レイカーズのショットが決まらず、第1Qは30-18とサンズのリードで終了。第2Qは渡邊がスタートからコートに立ったが、インパクトを残せず。レイカーズが追い上げ、52-48とサンズ4点リードで前半終了となった。八村は第2Qで出番がなかった。

 第3Q残り7分22秒で八村がコートへ。ファウルをもらってフリースロー2本を決めると、レイアップも決めた。渡邊も残り3分27秒で出場。残り2分16秒で3ポイントシュートを決め、この試合初得点となった。レブロンが戻っても八村はPFでこのQ終了までコートに残り、84-72とサンズリードで勝負の第4Qへ突入した。

 必死の追い上げを見せるレイカーズは、3点差に迫った残り4分16秒のところでデービスがアンドワンを獲得。フリースローを決めて87-87と追いついた。さらにレブロンのショットで89-87と遂に逆転した。最後まで競り合いとなったが、レブロンが勝負所で奮起して得点。12点差を逆転したレイカーズが試合を制した。レブロンは34分53秒の出場で21得点。レイカーズはアンソニー・デービスが最多26得点だった。サンズはデュラントが39得点と爆発しながらも敗れた。

 八村と渡邊は開幕前のプレシーズンマッチでも対戦。渡邊が15分58秒のプレータイムで12得点、3リバウンド、1アシストと活躍した一方、八村は19分11秒の出場で3得点に留まっていた。八村は昨季途中に移籍したレイカーズと3年5100万ドル(約73億4000万円)で再契約し、渡邊は新天地サンズに移籍して迎えた今シーズンとなっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集