[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

雨に、寒さに対応した女子ゴルフ20歳・尾関彩美悠 2勝目王手「初優勝から間が…今年もしたい」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第3日が21日、兵庫・マスターズGC(6495ヤード、パー72)で行われた。首位と2打差の3位で出たツアー通算1勝の20歳・尾関彩美悠(あみゆ・JFEスチール)は4バーディー、1ボギーの69で回り、菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)と並ぶ通算12アンダーで首位。1年1か月ぶりの2勝目が見えてきた。

NOBUTA GROUP マスターズGCレディース、通算12アンダーで首位タイの尾関彩美悠【写真:Getty Images】
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース、通算12アンダーで首位タイの尾関彩美悠【写真:Getty Images】

NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第3日が21日、兵庫・マスターズGC(6495ヤード、パー72)で行われた。首位と2打差の3位で出たツアー通算1勝の20歳・尾関彩美悠(あみゆ・JFEスチール)は4バーディー、1ボギーの69で回り、菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)と並ぶ通算12アンダーで首位。1年1か月ぶりの2勝目が見えてきた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 尾関は1番、カラーから残り7メートルをパターでバーディー。2番でボギーを叩いたが、10番で3メートルのスライスラインを入れて1つ伸ばした。11番パー4は残り121ヤードのラフから3メートルにつけてバーディー。15番は30ヤードのアプローチを3メートルに寄せ、上りのフックラインを決め切った。

「ショットの調子が本当によくない。ドライバーショットも、セカンドショットもグリーンを外してラフ。アプローチ、パットがよくてよかったです」

 会心の一打は18番パー4。第1打をバンカーに入れ、第2打もグリーンに乗せられず。残り30ヤードからロブショットで1メートルに寄せ、ナイスパーだった。途中は雨に打たれ「ショットが少し滑る」と影響も。15度前後まで気温が下がったが、「後半はショットの意識を変えました。体が回らなくなるので、大きいクラブで振りました」と対応した。

 2021年11月のプロテストに合格。ルーキーイヤーの昨年9月に初優勝を挙げた。今季は32試合出場で3位に2度入ったが、予選落ちは6月半ばまでの7連続を含む15度。メルセデス・ランキング48位と来季シード権の当落線上をさまよう。「今日も自分の一打、一打に集中して回れました。明日も自分のペースで回れたら。初優勝から結構間が空いているので、今年も優勝したい」と狙いを定めた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集