[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NBAの身長差36cmジャンプボールに米笑撃 勝つ気満々で敗れたカリーが「努力はA評価」と話題に

米プロバスケットボール(NBA)は20日(日本時間21日)、プレシーズンのウォリアーズ―スパーズ戦が行われた。ドラフト全体1位指名を受けたスパーズの身長224センチ男、ビクター・ウェンバンヤマに注目が集まる中、相手スターのステフィン・カリーが果敢にジャンプボールを挑んだ。「ステフ大好き」「努力はA評価」などと、映像を見た米ファンに笑撃が走っている。

ウォリアーズのステフィン・カリー【写真:ロイター】
ウォリアーズのステフィン・カリー【写真:ロイター】

ウェンバンヤマとプレシーズンのジャンプボールで対峙

 米プロバスケットボール(NBA)は20日(日本時間21日)、プレシーズンのウォリアーズ―スパーズ戦が行われた。ドラフト全体1位指名を受けたスパーズの身長224センチ男、ビクター・ウェンバンヤマに注目が集まる中、相手スターのステフィン・カリーが果敢にジャンプボールを挑んだ。「ステフ大好き」「努力はA評価」などと、映像を見た米ファンに笑撃が走っている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 試合開始時のジャンプボール。224センチの大男ウェンバンヤマに、188センチのカリーが果敢に挑んだ。やる気も勝つ気も満々の様子で対峙して体を震わせ、タイミングを計る。ボールが投げられると反応よく飛び上がったものの、36センチも高いウェンバンヤマが楽々ボールに触れて“完勝”だった。

 米実況も「これは素晴らしい」とマッチアップに注目した映像をNBA公式放送局「NBA TV」公式X(旧ツイッター)が公開し、「ステフのジャンプボールvs.ウェンビー」と紹介した。

 これもプレシーズンならではの光景。米ファンからは「ウェンビーは低く構えて飛ぶ必要すらなかった」「ステフにポイントをあげるよ。これは面白い(笑)」「ずっと変わらないでねステフ」「ステフ大好きだ」「ステフのなかなかの努力だ。プレシーズンや他のエキシビションでこういうの見るのは楽しい」「マジでこれ大好き」「ハハハハハ」「努力はA評価」などとコメントが相次いでいた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集