[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国の油断で優勝の台湾選手、12日後まさかの失態 今度は自分が油断でV逸「風邪で集中力が…」

今月まで開催された杭州アジア大会。1日に行われた男子ローラースケートの3000メートルリレー決勝では、韓国選手が金メダル目前でガッツポーズをする間に抜かれるまさかの出来事が生まれた。金メダルは台湾に転がり込んできたが、13日の国内大会で今度はその台湾選手が“油断”して優勝を逃したという。地元メディアが報じている。

アジア大会で金メダルを獲得した台湾の黄玉霖【写真:ロイター】
アジア大会で金メダルを獲得した台湾の黄玉霖【写真:ロイター】

台湾メディアが報じる

 今月まで開催された杭州アジア大会。1日に行われた男子ローラースケートの3000メートルリレー決勝では、韓国選手が金メダル目前でガッツポーズをする間に抜かれるまさかの出来事が生まれた。金メダルは台湾に転がり込んできたが、13日の国内大会で今度はその台湾選手が“油断”して優勝を逃したという。地元メディアが報じている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 台湾のニュースチャンネル「三立新聞網」は「アジア大会の再現!台湾全国運動会で黄玉霖、『早すぎるバンザイ』で金を逃し、『集中力が落ちていた』」などと見出しを打って記事を公開した。

 アジア大会では、韓国アンカーのチョン・チョルウォンがゴール目前で優勝を確信。両手を突き上げる万歳ポーズを取った。ところが、後ろから迫っていた台湾の黄玉霖が諦めず、懸命に左足を伸ばしてゴールイン。結果、台湾のタイムは4分5秒692、韓国のタイムは4分5秒702と、わずか0.01秒差で金メダルが台湾に渡った。

「神の一足」と地元メディアに称えられた黄玉霖だったが、今回の記事によると台南市で行われた全国運動会で「韓国選手と同じ過ちを犯し、ゴールライン前でバンザイをした結果、アジア大会でチームメイトだった趙祖政に逆転され、0.03秒差で金を逃した」と伝えられている。

 レースは2人がほぼ同時にゴールイン。「VTRを見ると、趙祖政も『ゴールラインを踏む』動作をしており、黄玉霖が両手を高く挙げた瞬間に趙祖政が逆転で優勝していた」と報じられている。趙祖政が1分27秒172、黄玉霖が1分27秒202で、「黄玉霖は逆転の犠牲者となった」と表現された。

 アジア大会からわずか12日後の出来事。思わぬ形で再び注目を浴びることになった黄玉霖は、試合後にフェイスブックを更新。「心配してくださり、ありがとうございます。競技では実にさまざまなことが起こります。アジア大会が終わって少し気持ちが緩んでいましたし、帰国後にはひどい風邪をひいて集中力が落ちていました。失敗をしてしまいましたが、これからも諦めない気持ちを持ち続けます。明日はリレーがあります。引き続きがんばります」とコメントを記したという。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集