[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国選手の油断が招いた衝撃の“金メダル逃し”が世界に拡散 「最も恥ずかしい銀」と母国で批判【アジア大会】

16日間にわたって中国で開催された杭州アジア大会は8日に閉幕。日本は今大会で金メダル52個を含む188個のメダルを獲得した。期間中に生まれた各国の選手による友情の名場面や、思わず驚く衝撃の光景まで様々なシーンを振り返る。今回はまさかの珍事。油断で金メダルを逃した韓国選手には、厳しい声が寄せられた。

アジア大会ローラースケート男子に出場した韓国代表【写真:ロイター】
アジア大会ローラースケート男子に出場した韓国代表【写真:ロイター】

アジア大会の様々なシーンを回顧

 16日間にわたって中国で開催された杭州アジア大会は8日に閉幕。日本は今大会で金メダル52個を含む188個のメダルを獲得した。期間中に生まれた各国の選手による友情の名場面や、思わず驚く衝撃の光景まで様々なシーンを振り返る。今回はまさかの珍事。油断で金メダルを逃した韓国選手には、厳しい声が寄せられた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 0.01秒差で金メダルを逃したのが、1日に行われたローラースケート男子3000メートルリレー決勝の韓国代表だ。アンカーのチョン・チョルウォンが先頭でゴール目前に。優勝を確信し、両手を突き上げる万歳ポーズを取った。ところが、後ろから迫っていた台湾の黄玉霖は諦めず、懸命に左足を伸ばしてゴールイン。結果、台湾のタイムは4分5秒692、韓国のタイムは4分5秒702で金メダルは台湾となった。

 韓国メディア「マイデイリー」は「世界でもっとも恥ずかしい銀メダル」とこのシーンを批判。「チョン・チョルウォンは謝罪したが、国民の怒りは止まっていない。金メダルを取れなかったからではなく、最後まで最善を尽くしていなかったからだ。スポーツの精神を忘却したからだ」とも伝えた。金メダルなら兵役免除だったが、それもなくなった。

 開催地・中国のSNSの「ウェイボー」でも「韓国チーム、早く喜びすぎて金を逃す」が検索トップにあがるほどの衝撃だった。珍事は米国でも報じられ、スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「韓国のスピードスケーターが早く祝いすぎて金メダルと兵役免除を失う」とこの出来事を伝えた。

 アジア大会では女子バレー日本代表がアフガニスタンに「25-2、25-0、25-5」の驚きのスコアで圧勝を収めたり、競泳女子4×100メートルメドレーリレー予選で女王・中国の背泳ぎ第1泳者がリアクションタイム0秒16という大幅なフライングで失格になるなど珍しいシーンも多数生まれたが、ローラースケートの油断が招いた金メダル逃しは特に大きな関心を集めた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集