[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本のお菓子論争がNBA上陸 11選手&コーチが食べ比べて絶賛「美味しいね」「もう一つ食べたい」

米プロバスケットボール(NBA)のウォリアーズが、公式Xの日本語アカウントに公開した1本の動画が話題を呼んでいる。選手たちが、かねてから論争を巻き起こしている日本の2つの人気お菓子を食べ比べする映像で、これを受けてネット上の日本人から「論争がNBAまで」「内乱おきるで」などさまざまな声が飛び交っている。

NBAのウォリアーズ【写真:ロイター】
NBAのウォリアーズ【写真:ロイター】

NBAウォリアーズが公式Xに投稿した動画に反響

 米プロバスケットボール(NBA)のウォリアーズが、公式Xの日本語アカウントに公開した1本の動画が話題を呼んでいる。選手たちが、かねてから論争を巻き起こしている日本の2つの人気お菓子を食べ比べする映像で、これを受けてネット上の日本人から「論争がNBAまで」「内乱おきるで」などさまざまな声が飛び交っている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

「NBA選手はきのこ派?たけのこ派?」の字幕とともに始まる動画。テーブルの上には日本人にお馴染みの「きのこの山」と「たけのこの里」が並んでいる。1番手として回答したのはダリオ・シャリッチ(クロアチア)。「味はだいたい同じだけど、きのこの方が好きだな」と「きのこの山」を選択し笑顔を見せた。続くトレイス・ジャクソン・デイビス(米国)も「きのこだね」と2票が入る。

 3番手で登場したレスター・キノネス(米国)は「おー、これ美味しいね」と感嘆の声を上げると、「もう一つ食べようかな」と2つとも口に入れた後、腕組みをしながら「味は似ているけど、僕はきのこが好きかな」とまたしても“きのこ派”。ようやく「たけのこの里」に1票を入れたのはケボン・ルーニー(米国)。「こっちが僕のお気に入りだよ」と皿を持ち上げると、追加で口に運んでいた。

 5人目のルディ・ゲイ(米国)も“たけのこ派”。その後も次々と選手が投票し、「両方だね!」と答えたウスマン・ガルーバ(スペイン)を除き、9選手が回答した時点で6対3と“きのこ派”が優勢。最後にロン・アダムスACが登場すると、「つまり論点は食感なんだと思うよ」と分析し、「もう一つ食べたいね。なぜならクリスピーだからね」と「きのこの山」を選び、最終的に7対3と大差がついた。

 この結果にネット上の日本人も大盛り上がり。さまざまな声が上がった。

「やはりキノコ派で間違っていなかった」
「きのこの山最強!!」
「やはりきのこは正義」
「内乱おきるで」
「まさかウォリアーズがきのこ・たけのこ戦争に参戦するとは思わなかったわ……」
「論争がNBAまで」
「どっちか選べなくて両方ほうばるウスマンくんも可愛い」
「きのこは海外展開に専念して! 国内はたけのこに任せろ!」
「日本のお菓子、お気に召したかしらー」
「しっかり分析してからの判定好き」

 今月24日(日本時間25日)のサンズとのNBA開幕戦に向けて、日本人ファン向けに最高の広報活動になったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集