[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ビキニの女王・安井友梨「奇跡の連続でした」 真の日本一、夏の骨折アクシデントから涙の4連覇

日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)が主催する階級無差別の「JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス」が8日、東京・江戸川総合文化センターで行われ、ビキニフィットネスは39歳・安井友梨が優勝。真のフィットネス日本一を決める国内最高峰大会で4連覇の快挙を達成した。表彰式後は「信じられない思いです。ここまでくるのに奇跡の連続でした」と歓喜の胸中を語った。

JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス、ビキニフィットネスで優勝し涙の安井友梨【写真:中戸川知世】
JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス、ビキニフィットネスで優勝し涙の安井友梨【写真:中戸川知世】

JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス

 日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)が主催する階級無差別の「JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス」が8日、東京・江戸川総合文化センターで行われ、ビキニフィットネスは39歳・安井友梨が優勝。真のフィットネス日本一を決める国内最高峰大会で4連覇の快挙を達成した。表彰式後は「信じられない思いです。ここまでくるのに奇跡の連続でした」と歓喜の胸中を語った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 9月の身長別で争う「オールジャパン・フィットネス・チャンピオンシップス」の上位成績者が出場。階級を越えた真のフィットネス日本一決定戦。8月にトレーニング中に器具が落下し、左足親指の粉砕骨折から3週間あまりでオールジャパンの163センチ超級8連覇を達成し、グラチャンに挑んだ。

 20人で行われたピックアップ審査にトレードマークの赤のビキニで登場した安井は「世界一細い」と評されるウエストをさらに絞り込んだ印象。笑顔を浮かべて颯爽とステージに姿を現すと会場からは一際大きな拍手と歓声が送られ、客席からは「綺麗だわ~」とため息が漏れた。そして、予選を経て、決勝に進み、ダンシーあずさら強力なライバルを抑えて優勝した。表彰式で戴冠が決まった瞬間、手を震わせながら大粒の涙をこぼし、歓喜に酔いしれた。

 表彰式後は「信じられない思いです。ここまでくるのに奇跡の連続でした。骨折した時はグラチャンに辿り着くなんて夢にも思ってなかった」と振り返り、「今日このステージに上がってみて、9年間で一番楽しいと思えるステージでした」と笑みをこぼした。

「決勝のステージで途中から涙が出てきてしまって。このステージに上がるまでにどれだけの人に助けていただいたかわからない。その人たちの顔が思い浮かんだ。ここまでは到底一人では来られなかった。恩返しと思ってステージに上がりました」と感謝を語った。

 安井は外資系金融の会社員だった30歳からビキニフィットネスを始め、以降、173センチの長身と恵まれた骨格を武器にオールジャパン8連覇を達成するなど、競技の第一人者に。年1000個以上を食べる「おはぎマニア」としても知られ、昨年はTBS系「情熱大陸」で特集されるなど、メディア露出も多い。昨年限りで引退を検討していたが、世界選手権で2年連続準優勝に終わり現役続行。3度目の正直へ、競技人生をかけた世界一を目指し、世界選手権にチャレンジする。

【ビキニフィットネス結果】

1位 安井友梨
2位 ダンシーあずさ
3位 小倉あれず
4位 長瀬陽子
5位 佐野愛美
6位 廣中れな

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集