[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー日本、故・藤井直伸さんへ涙の敬意に海外メディアが注目「ヨヨギで全ての人の涙を誘った」

バレーボール男子のパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)は7日、東京・代々木第一体育館で世界ランク4位の日本が同7位スロベニアと対戦。3-0でストレート勝ちした。この日、米国が3-0でセルビアを下したため、日本が来年のパリ五輪出場権を獲得した。自力での出場権獲得は、2008年北京五輪以来16年ぶり。セッターの関田誠大は、今年3月に胃がんで亡くなった元日本代表・藤井直伸さんのユニホームを着用してインタビューに臨み、涙。海外メディアも「ヨヨギで全ての人の涙を誘った」と注目していた。

パリ五輪出場を決め、藤井さんのユニホームとともに集合写真を撮る男子バレーボール日本代表【写真:AP/アフロ】
パリ五輪出場を決め、藤井さんのユニホームとともに集合写真を撮る男子バレーボール日本代表【写真:AP/アフロ】

男子バレー・パリ五輪予選兼ワールドカップ

 バレーボール男子のパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)は7日、東京・代々木第一体育館で世界ランク4位の日本が同7位スロベニアと対戦。3-0でストレート勝ちした。この日、米国が3-0でセルビアを下したため、日本が来年のパリ五輪出場権を獲得した。自力での出場権獲得は、2008年北京五輪以来16年ぶり。セッターの関田誠大は、今年3月に胃がんで亡くなった元日本代表・藤井直伸さんのユニホームを着用してインタビューに臨み、涙。海外メディアも「ヨヨギで全ての人の涙を誘った」と注目していた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 歓喜のコート上に、間違いなく藤井さんもいた。背番号3のユニホームが日本の選手によって掲げられ、場内インタビューに同じセッターの関田はそのユニホームを着用して臨んだ。「本当にしんどかったですし、藤井さんが、居たかった場所に、ここに自分が立って精いっぱい頑張ろうと思って戦った結果、皆も一生懸命助けてくれたりした。支えあってやっていけた結果が出て、本当によかった」と声を震わせた。

 場内の映像を、スイスのバレーボール専門メディア「バレーボール・ワールド」が公式Xに投稿。文面では「すべてはフジイ・ナオノブのために」「セキタとチームメイトたちは、失った友人でありチームメイトに勝利を捧げ、ヨヨギ第一体育館で全ての人の涙を誘った」と、感動が広がった会場の様子を伝えた。

 中継の解説を務め、ともに日本代表としてプレーした経験もある福澤達哉氏も「彼が作り上げたチームでもある。全員で勝ち取った」と声を震わせるなど、バレー界が藤井さんにも感謝したこの日。日本は驚異の4連続ストレート勝ちで、見事にパリ五輪出場を決めた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集