[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田澤純一、16年ぶりに日本代表で登板 中国戦で1回無失点の好投、日本の銅メダル獲得に貢献

中国・杭州で行われているアジア大会は7日、野球の3位決定戦で「侍ジャパン」社会人代表が中国と対戦。4-3で勝利し、銅メダルを獲得した。米大リーグ・レッドソックスなどでプレーした田澤純一投手(ENEOS)が6回に登板。日本代表としては2007年の「第37回IBAFワールドカップ」以来、16年ぶりの登板となり、1回1安打無失点で役目を果たした。

「侍ジャパン」社会人代表の田澤純一【写真:Getty Images】
「侍ジャパン」社会人代表の田澤純一【写真:Getty Images】

杭州アジア大会

 中国・杭州で行われているアジア大会は7日、野球の3位決定戦で「侍ジャパン」社会人代表が中国と対戦。4-3で勝利し、銅メダルを獲得した。米大リーグ・レッドソックスなどでプレーした田澤純一投手(ENEOS)が6回に登板。日本代表としては2007年の「第37回IBAFワールドカップ」以来、16年ぶりの登板となり、1回1安打無失点で役目を果たした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 田澤は2-3と1点ビハインドの6回に登板。先頭打者を三ゴロに打ち取るが、続く打者には中前打を浴び、盗塁も許して1死二塁のピンチに。しかし落ち着いて後続を三ゴロ、投ゴロと続けて打ち取った。

 37歳の田澤はENEOSに所属していた2007年、IBAFワールドカップに参加。2008年にNPBを経ずにレッドソックスとメジャー契約を結んだ。メジャーで通算388試合に登板。日本の独立リーグ、台湾、メキシコなどでもプレーし、2022年に古巣のENEOSに復帰した。

 日本は8回に2点を取って逆転。最後は今月40歳の誕生日を迎える佐竹功年投手(トヨタ自動車)が中国打線をきっちり抑えた。中国には3日のセカンドラウンドで0-2の完封負けを喫していたが、アウェーの雰囲気の中で日本がメダルを掴んだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集