[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本バスケは我々も学ぶべきものだ」 あわや17点差大逆転負けで中国ファンも日本の粘りに感銘【アジア大会】

中国・杭州で行われているアジア大会は5日、バスケットボール女子の決勝が行われ、世界ランキング9位の日本は同2位の中国に72-74で敗れ、25年ぶりの金メダルはならなかった。しかし、最大17点差あったビハインドを追いつき、2点差の大激闘の末の銀メダル。対戦相手の中国ファンからも健闘を称える声が上がった。

中国戦後に観客席へ向けてお辞儀する日本代表【写真:ロイター】
中国戦後に観客席へ向けてお辞儀する日本代表【写真:ロイター】

決勝で最大17点差のビハインドを日本が追いつく大激闘

 中国・杭州で行われているアジア大会は5日、バスケットボール女子の決勝が行われ、世界ランキング9位の日本は同2位の中国に72-74で敗れ、25年ぶりの金メダルはならなかった。しかし、最大17点差あったビハインドを追いつき、2点差の大激闘の末の銀メダル。対戦相手の中国ファンからも健闘を称える声が上がった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 中国メディア「ジーボーバ」は「中国女子バスケが日本に勝ってアジア大会金メダル 王思雨が決勝のシュート」と試合を振り返る記事を掲載。この記事には、さまざまな中国ファンからもコメントが寄せられた。「本当にどきどきした。中国女子バスケ! 素晴らしい」「思わず泣いた」「今日はマージャンもやらずに女子バスケを見た。よかった」と興奮したファンのほか、目立ったのはあわや大逆転負けに肝を冷やしたファンの声。

「最初から最後まで見たけれど、酷い試合だったなあ」「女子バスケ、今日はあまりよくなかったと思う。でも、粘りと互いの信頼で、最終的に勝てた」「勝つことのなんと難しかったことか」「今日のは中国チームの実力じゃなかった」「あまりクレバーな試合じゃなかったと思う」「もう少しで負かされるところだった」「最後に同点になったときには、男子バスケみたいに逆転されるんじゃないかと心配でしかたなかった」などの声が上がった。

 一方で、日本の粘りを称賛する声も多かった。「日本のメンタル、本当に凄い」「日本チームは尊敬に値する。メンタルが本当に素晴らしい。中国は焦ってしまって、混乱して攻撃が乱れていた」「日本の粘りは本当に素晴らしいし、息がよくあっている。中国はうまく統率がとれていなかった」「運不運に左右された面がある。なんというか、日本が戦術の面で中国よりフレキシブルで、ちょっと勇者の風格があった。中国は戦術の面で変化が少なかった」との声。

 さらに「中国の男子バスケは日本の女子バスケを見習うべきだ。がっぷりとくらいついて、絶対に離さない」「日本の男女のバスケ、男女のサッカーの力、粘りは我々も学ぶべきものだ」と日本女子バスケの闘志は男子や他の競技も学ぶべきという声まであった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集