[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界に広がる韓国選手の大失態 油断が生んだ“0.01秒差”V逸に米誌「金メダルと兵役免除を失う」【アジア大会】

中国・杭州で行われているアジア大会のローラースケート男子で、韓国代表がゴール直前の“油断”で金メダルを逃した。1日に行われた3000メートルリレー決勝、勝利を確信したアンカーが両手を上げてガッツポーズする間に、すぐ後ろを追っていた台湾選手が足を伸ばし、0.01秒差で優勝は台湾に。その衝撃は海を越えて米国にも届き、米スポーツ専門誌も「早く祝いすぎて金メダルと兵役免除を失う」「胸が張り裂けるような瞬間」と注目している。

アジア大会ローラースケート男子に出場した韓国代表【写真:ロイター】
アジア大会ローラースケート男子に出場した韓国代表【写真:ロイター】

アジア大会で起きた衝撃シーンが米国でも話題

 中国・杭州で行われているアジア大会のローラースケート男子で、韓国代表がゴール直前の“油断”で金メダルを逃した。1日に行われた3000メートルリレー決勝、勝利を確信したアンカーが両手を上げてガッツポーズする間に、すぐ後ろを追っていた台湾選手が足を伸ばし、0.01秒差で優勝は台湾に。その衝撃は海を越えて米国にも届き、米スポーツ専門誌も「早く祝いすぎて金メダルと兵役免除を失う」「胸が張り裂けるような瞬間」と注目している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 ゴール目前で衝撃の展開が待っていた。韓国アンカーのチョン・チョルウォンは先頭でゴール目前まで到達すると、優勝を確信して両手を突き上げる万歳ポーズを取った。ところが、後ろから迫っていた台湾の黄玉霖は諦めず、懸命に左足を伸ばしてゴールイン。結果、台湾のタイムは4分5秒692、韓国のタイムは4分5秒702と、わずか0.01秒差で金メダルは台湾に渡った。

 韓国選手にとっては悲劇的なシーンとなったが、その衝撃は海を越えて米国にも渡った。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「韓国のスピードスケーターが早く祝いすぎて金メダルと兵役免除を失う」との記事を公開。「アジア大会で、韓国のローラースケートチームがあと一歩のところで優勝を逃した。アンカーのチョン・チョルウォンが1秒早く祝ってしまい、ゴールラインで台湾選手に追いつくことを許した」と状況を説明した。

 そして「胸が張り裂けるような瞬間」として、「ゴールラインを切る時に、チョンは有頂天になって両手を上げたが、(台湾の)ファン(・ユリン)がゴールに向かってスケートを伸ばし、0.01秒差で韓国を上回って金メダルを獲得した」と続けた。

 さらに同誌は「韓国のチームにとっては、このレースでかかっていたのは金メダル以上のものだった。韓国のアスリートはアジア大会で金メダルを獲るか、五輪でメダルを獲得すれば兵役が免除される」「チョンとチームメートのチェ・インホにとっては、この0.01秒は少なくとも今年は兵役免除を得られないことを意味した」と言及。失ったものがあまりにも大きい、悲劇的なシーンだったことを伝えている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集