[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

9000キロ先まで広がった北朝鮮サッカー蛮行の波紋 英紙まで断罪「審判を攻撃した衝撃の瞬間だ」【アジア大会】

中国・杭州で行われているアジア大会の男子サッカー準々決勝で、北朝鮮の選手が日本代表に対して見せた“蛮行”が国際的な非難を浴びている。杭州からおよそ9000キロ離れた英国でも、同国紙「ザ・サン」が「ショッキングな瞬間」と大きく報じた

アジア大会のサッカー日本代表【写真:Getty Images】
アジア大会のサッカー日本代表【写真:Getty Images】

杭州アジア大会の男子サッカー準々決勝、日本戦で大騒動

 中国・杭州で行われているアジア大会の男子サッカー準々決勝で、北朝鮮の選手が日本代表に対して見せた“蛮行”が国際的な非難を浴びている。杭州からおよそ9000キロ離れた英国でも、同国紙「ザ・サン」が「ショッキングな瞬間」と大きく報じた

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 1日に行われた準々決勝は、日本が北朝鮮に2-1で勝利。1-1で迎えた後半、日本が得たPKをMF松村優太が決めて、これが決勝点となった。北朝鮮の選手は反則ではないと抗議したものの、判定は変わらず。さらに試合後には、北朝鮮の選手が集団で主審を取り囲み、追いかけまわして抗議した。

 英紙「ザ・サン」は「日本に1-2で敗戦したカオスな試合終了後、北朝鮮の選手が審判と小競り合いになるショッキングな瞬間」との見出しで報道。本文では「これは北朝鮮のサッカーのスターたちが日本に敗れた後、審判を攻撃した衝撃の瞬間だ」と切り出すと、「キャプテンのチャン・ククチョルと同僚のキム・キョンソクは、杭州での試合終了のホイッスルの後に猛然と抗議し、審判のラスタム・ルトフリンの腕をグイッと押した」「このウズベキスタン人の審判は後ろに下がっていこうとするが、選手たちは彼を追いかけ、補助審判やセキュリティースタッフが間に入ろうと駆け寄った」と試合後の騒動を描写した。

 また後半35分のPKシーンについても、「北朝鮮チームは、ゴールキーパーのカン・ジュヒョクがジュン・ニシカワの腕を引っぱたいた時にPKを与えたルトフリンの決断に激怒していた」「GKは即座に首を振ってフラストレーションを露わにし、両腕を振って審判に抗議していた」と紹介。「このシーンは拡散されて話題となり、世界中のファンがすぐに北朝鮮選手の行動を非難した」と、フェアプレーを無視した振る舞いの波紋が広がっている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集