[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“油断”で金メダル失った韓国選手が謝罪「同僚に申し訳ない」 消えた兵役免除につらすぎる現実【アジア大会】

中国・杭州で行われているアジア大会の男子ローラースケートで起きた“珍事”の波紋が広がっている。1日に行われた3000メートルリレー決勝、韓国の最終走者チョン・チョルウォンはゴールラインの寸前で勝利を確信しガッツポーズ。ただこの瞬間、後ろから追っていた台湾のファン・ユリンが左足を思い切り伸ばし、0.01秒差で金メダルが入れ替わったのだ。韓国選手が失ったのはメダルだけではないと、メディアが伝えている。

アジア大会のローラースケート(写真はイメージです)【写真:ロイター】
アジア大会のローラースケート(写真はイメージです)【写真:ロイター】

「次の機会はない」ローラースケートの正式種目は今回まで

 中国・杭州で行われているアジア大会の男子ローラースケートで起きた“珍事”の波紋が広がっている。1日に行われた3000メートルリレー決勝、韓国の最終走者チョン・チョルウォンはゴールラインの寸前で勝利を確信しガッツポーズ。ただこの瞬間、後ろから追っていた台湾のファン・ユリンが左足を思い切り伸ばし、0.01秒差で金メダルが入れ替わったのだ。韓国選手が失ったのはメダルだけではないと、メディアが伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 韓国メディア「OSEN」は「一瞬の放心で、金メダルと兵役免除の恩恵が飛んだ」という記事で、チョン・チョルウォンの謝罪の弁を伝えている。試合直後は報道陣の呼びかけに応えられなかったチョン・チョルウォンは、表彰式の後で「私のミスが大きすぎた。同僚に申し訳ない。応援してくださった皆さんに申し訳ない」と口にした。

 記事はレース直後の様子を「優勝を確信し、国旗を振って喜び続けていたチョン・チョルウォンは、モニターに出た0秒01の差を遅れて確認すると崩れ落ちた。その間の努力が、一瞬の油断で散ってしまい、チョン・チョルウォンは涙を見せた」と伝えている。

 韓国チームは公式に抗議したが、ゴールラインの通過写真に「台湾選手のすっと伸びた左足が先に入ってくるシーンが鮮明に写っていた。その差は2、3センチだった」のだという。

 また、金メダルを取れなかったことで、韓国の男子スポーツ選手にとっては大問題の兵役問題を解決できなくなった。記事は「韓国が金メダルを獲得した場合、チョン・チョルウォンとチェ・インホが兵役免除の特典を受けることができたが、このミスでなくなった。次の機会はない。ローラースケートは次回のアジア大会から、正式種目でなくなるからだ」と、あまりにもつらい現実を伝えている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集