[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「凱旋門賞史上最高の一つに入る勝ち方だ」 日本馬ら蹴散らした6戦6勝エースインパクトに海外メディア衝撃

海外競馬のG1凱旋門賞(芝2400メートル)は1日、ロンシャン競馬場で行われ、1番人気の地元エースインパクト(牡3、J.C.ルジェ)が直線で豪脚を発揮し、2分25秒5の好タイムで優勝。4着に入った日本馬スルーセブンシーズ(牝5、美浦・尾関)ら他馬を圧倒し、6戦6勝、仏ダービーに続くG1・2勝目となった。その衝撃的なパフォーマンスに、海外メディアから称賛が吹き荒れている。

エースインパクトが凱旋門賞を制覇(写真は「アット・ザ・レーシーズ」公式Xより)
エースインパクトが凱旋門賞を制覇(写真は「アット・ザ・レーシーズ」公式Xより)

凱旋門賞でスルーセブンシーズらを圧倒

 海外競馬のG1凱旋門賞(芝2400メートル)は1日、ロンシャン競馬場で行われ、1番人気の地元エースインパクト(牡3、J.C.ルジェ)が直線で豪脚を発揮し、2分25秒5の好タイムで優勝。4着に入った日本馬スルーセブンシーズ(牝5、美浦・尾関)ら他馬を圧倒し、6戦6勝、仏ダービーに続くG1・2勝目となった。その衝撃的なパフォーマンスに、海外メディアから称賛が吹き荒れている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 102度目のフランス競馬の祭典は、エースインパクトの度肝を抜く末脚が彩った。道中後方を追走した地元の1番人気は直線で外に出すと、C.デムーロの手綱に導かれ、馬群を一気に飲み込んだ。凄まじいキレ味で並ぶことなく抜け出すと、1馬身3/4をつけた2着以下を完封。エースインパクトの強さだけが際立つパフォーマンスでデビューからの連勝を6に伸ばした。

 英衛星放送「スカイスポーツ」は「凱旋門賞:エースインパクトが質の高いフィールドで快走、パリロンシャン競馬場でのスペクタクルなグループ・ワンを制した」との見出しで報じ、「エースインパクトは凱旋門賞史上最高の一つに入るパフォーマンスを披露。本命馬がパリでのシーズン終盤のレースを全力疾走で制した」と絶賛。凱旋門賞の歴史で歴代No.1クラスの内容と評した。

 英紙「ガーディアン」は「凱旋門賞で残る疑問は、本命のエースインパクトにとって未知の領域である1マイル半(芝2400メートル)でも爆発的な末脚が威力を発揮するかどうかだった。答えは強烈で議論の余地ないものだった」と距離克服を特筆。「C.デムーロがエースインパクトの衝撃的な走りを導き、ウエストオーバーを最終ハロンで追いかけ、ほぼ2馬身差をつけて勝利。6戦を走っていまだ負けなしだ」と称賛した。

 海外メディアが絶賛する通り、ファンにとっても記憶に刻まれるレースとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集