[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「藍くんも可愛いんだけど後ろの…」 高橋藍の勝利インタビュー中に見切れた“揺れる球体”が話題

男子バレーボールのパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)は30日、東京・代々木第一体育館で日本がフィンランドと対戦し、3-2で死闘を制した。2セットを先行しながらフルセットに持ち込まれ、最終セットも10-12とリードされながら勝ち切った。試合後、選手たちは会場インタビューに応じたが、チーム最多23得点を叩き出した高橋藍の際に後ろをマスコット・バボちゃんが行き来する様子がにわかに話題になっている。

男子バレーの高橋藍【写真:Getty Images】
男子バレーの高橋藍【写真:Getty Images】

パリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)

 男子バレーボールのパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)は30日、東京・代々木第一体育館で日本がフィンランドと対戦し、3-2で死闘を制した。2セットを先行しながらフルセットに持ち込まれ、最終セットも10-12とリードされながら勝ち切った。試合後、選手たちは会場インタビューに応じたが、チーム最多23得点を叩き出した高橋藍の際に後ろをマスコット・バボちゃんが行き来する様子がにわかに話題になっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 勝利後のインタビューに登場した高橋は「お疲れさまです!」とさわやかに第一声。「今日はまず会場に足を運んでいただいて、本当にうれしく思いますし、皆さんの力のおかげで最終(セット)を勝ち切ることができたと思うので、本当に感謝しています。ありがとうございます!」とハキハキと述べた。

 インタビュアーから「観ていると本当に楽しかった。なんでこんなに楽しいバレーができるんですか?」と問われると、少し苦笑いを浮かべながら「僕たちも楽しんでバレーボールをしているので、その中でバレーボールが楽しくなっているのかなと思います。すみません、(答えが)へたくそで」と頭を下げ、笑いを誘った。それでも、最後は「今日はフルセットでも勝ち切ることができたのはうれしく思うし、この1戦目で簡単に勝てる試合ではないと危機感としてわかったので、それは凄く大きなこと。明日からまた気持ちを切り替えて、日本のバレーで皆さんと戦っていきたいと思います。ありがとうございました!」と述べた。

 ネット上ではこのやりとりはもちろん注目されたのが、インタビューの最中、高橋の後ろを右へ左へ行き来していたバボちゃん。関田誠大とハイタッチをかわし、さらに観客に向け、丸い体を揺らして短い手を振る様子が中継で見切れていた。

 ファンからは「藍くんも可愛いんだけど後ろのバボちゃん可愛すぎるw」「後ろのバボちゃんも可愛いよねってはなし?」「ルンルンしてるバボちゃん可愛い」「藍ちゃんのインタビューの後ろでバボちゃんにちょっかいかける関田さん」などの声が寄せられた。こうした反応が生まれるのも、それだけ男子バレーが高い注目を集めていることの裏返し。ファンの声援を力に日本はパリ五輪切符獲得へ、突き進んでいく。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集