[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

千賀滉大は新人王もCY賞も「票に値する」 202Kで終えた1年目、米識者が絶賛「最も打つのが不可能な球」

米大リーグ・メッツの千賀滉大投手は27日(日本時間28日)、ニューヨークで行われた本拠地マーリンズとのダブルヘッダー第2試合に先発し、5回を3安打2失点で降板。チームが敗れ勝敗こそつかなかったものの、防御率は2.98、奪三振も202個まで伸ばして今季の登板を終えた。米国のメディアからは投手最高の栄誉「サイ・ヤング賞」の有力候補に挙げ、米投球分析家は“伝家の宝刀”を「打つのが不可能」と改めて驚愕している。

メッツの千賀滉大【写真:ロイター】
メッツの千賀滉大【写真:ロイター】

マーリンズ戦で今季最後の先発は5回2失点…13勝目はならず

 米大リーグ・メッツの千賀滉大投手は27日(日本時間28日)、ニューヨークで行われた本拠地マーリンズとのダブルヘッダー第2試合に先発し、5回を3安打2失点で降板。チームが敗れ勝敗こそつかなかったものの、防御率は2.98、奪三振も202個まで伸ばして今季の登板を終えた。米国のメディアからは投手最高の栄誉「サイ・ヤング賞」の有力候補に挙げ、米投球分析家は“伝家の宝刀”を「打つのが不可能」と改めて驚愕している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 千賀は初回、バーティに先頭打者本塁打を運ばれる一方、1回2死から3回1死にかけての5連続など奪三振を重ねていった。3回2死、バーガーからフォークボールで奪った三振が今季200個目。4回には2死からサンチェスに右中間へ勝ち越しソロを運ばれたが、被安打はこの2発を含む3本だけだ。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」は、ナ・リーグのサイ・ヤング賞候補をランク付けする記事を掲載。この中で千賀はブレイク・スネル(パドレス)、スペンサー・ストライダー(ブレーブス)、ジャスティン・スティール(カブス)に次ぐ4番手に挙げられている。

「ピッチング・ニンジャ」として有名な投球分析家のロブ・フリードマン氏はこの記事で「日本から来たセンガは今季、ルーキーへの妥当な期待を全て上回った」と活躍を称えた。さらに「2人の殿堂入り確実な投手(ジャスティン・バーランダー、マックス・シャーザー)を中心に立ててシーズンに入ったメッツ投手陣でセンガは全員を上回り、メッツのエースであることを証明した」と紹介している。

 千賀が残した今季の最終成績は12勝7敗、防御率2.98、WHIP(1イニングあたりに許した走者)1.22、投球回数166回1/3、被安打126、与四球77、202奪三振、勝利にどれだけ寄与したかを示すbWARが4.4という立派なものだ。

 フリードマン氏は続けて「彼はナ・リーグで防御率2位、bWARで投手3位だ。60%近い空振り率を持つセンガのゴーストフォークはおそらく球界で最も打つのが不可能な球だ。90マイル台後半の速球とゴーストフォークの組み合わせは全くもって不公平だ。どんな基準からしても、センガは素晴らしいシーズンを送っており、サイ・ヤング賞と新人王の両方で票を得るに値する」と最大級の言葉で称賛していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集