[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

11勝目・千賀滉大は「自分の意見を持っている」 MLB1年目の適応力に監督「全ての称賛に値する」

米大リーグ・メッツの千賀滉大投手は14日(日本時間15日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に先発し、今季11勝目(7敗)を挙げた。6回103球で10奪三振2四球、2安打無失点。防御率2.95とした右腕に対し、メッツ監督は「彼は全ての称賛に値する」と手放しで褒めている。

ダイヤモンドバックス戦に先発登板したメッツの千賀滉大投手【写真:ロイター】
ダイヤモンドバックス戦に先発登板したメッツの千賀滉大投手【写真:ロイター】

千賀滉大をメッツ監督が称賛

 米大リーグ・メッツの千賀滉大投手は14日(日本時間15日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に先発し、今季11勝目(7敗)を挙げた。6回103球で10奪三振2四球、2安打無失点。防御率2.95とした右腕に対し、メッツ監督は「彼は全ての称賛に値する」と手放しで褒めている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 米ニューヨーク州地元紙「ニューヨーク・ポスト」のスポーツ専門Xは、バック・ショーウォルター監督の試合後会見の動画を公開。指揮官は「手助けはできるだけしてきたが、彼は全ての称賛に値する。彼にとって新しいことがあったことは挑戦だったが、彼は野球は野球なのだと気付いたのだと思う」と語っている。

 さらに今季中に進化してきたか問われると、「正直、彼は1日目から人柄にも継続した安定感があった。スポンジのように全てを吸収していたよ」と説明。「彼に話しかけるのはとても簡単なんだ。話すのは楽しいよ。彼は意見を持っているからね」とし、秘話を明かしている。

「面白いのが、日本と韓国の球を我々は持っていたんだけど、“古い友だち”のように彼に渡したんだ。だけど、彼は左手で握っていた。右手で握りたがらなかったんだ。(MLB球で)トレーニングをした右手指の記憶(感覚)を壊したくないかのようだった。全てのことが、彼にとっては向上への道に繋がっているんだ」

 移籍時からこだわりを感じていた指揮官。11勝の裏には細かな努力があったようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集