[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田正尚出場試合で珍事 カメラも騙された「セカンド二塁打」に実況席困惑「本当に奇妙な球場だなぁ」

米大リーグで生まれたまさかの「セカンド二塁打」に驚きが広がっている。球場特有の構造が生んだ珍事に、米国の実況席は「これぞトロピカーナ二塁打だ!」と驚きの声を上げた。

レイズのルーク・ラリー外野手【写真:Getty Images】
レイズのルーク・ラリー外野手【写真:Getty Images】

レイズ本拠地で珍事

 米大リーグで生まれたまさかの「セカンド二塁打」に驚きが広がっている。球場特有の構造が生んだ珍事に、米国の実況席は「これぞトロピカーナ二塁打だ!」と驚きの声を上げた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 6日(日本時間7日)、レイズが本拠地トロピカーナ・フィールドにレッドソックスを迎えた一戦。

 初回にレッドソックスの大砲デバースは豪快なフルスイングで打ち返した。高々と舞い上がった打球、深く守っていた右翼手レイリーは右翼ポール方向に向かってウォーニングゾーンを駆けて落下地点へ。カメラもレイリーにズームしていく。その直後、レイリーは両手を広げ、打球を見失ったことをアピールした。

 動きがあったのは、遥か手前。中継画面が急に引くと、二塁手のローが一塁塁審の後方でライト線に落ちたボールを慌てて拾っていた。どうやらドーム球場であるトロピカーナ・フィールドの屋根に当たり、落下した様子。デバースのパワーが生んだ高弾道打球は、セカンドへの二塁打という珍事になった。

 レッドソックス戦を中継している米マサチューセッツ州地元局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」の中継局では、実況のデイブ・オブライエン氏が「高く打ち上げた。打球は、おっと……キャットウォークに当たったぞ。そしてフェアに!」と驚きをもって伝えた。

 解説のウィル・ミドルブルックス氏も「これぞトロピカーナ二塁打だ! 打球はどれだけ高く上がったんでしょうね」と言えば、同じリーグで何度も訪れているオブライエン氏も「本当に奇妙な球場だなぁ」と改めて感心。ミドルブルックス氏は「本塁打になっていたかもしれませんからね」と伝えていた。

 吉田正尚が「6番・左翼」で出場し、日本人ファンも多く見守っている試合で、まさかの出来事となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集