[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

盗塁失敗の大谷翔平、敵選手に“トントン”されて起き上がったやり取りに反響「2人とも可愛い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地フィリーズ戦に「2番・DH」で出場。9回の第5打席に今季MLB全体で最速タイとなる打球速度118.6マイル(約191キロ)の弾丸二塁打を放ち、今季94打点目をマークした。5回には三盗に挑んだが、相手捕手の強肩で刺されて失敗。ベース上で大の字になった際に敵軍選手とのやりとりに、X(旧ツイッター)上の日本人ファンからは「あの肩エグすぎる」「微笑ましくて笑った」といった声が上がっている。

敵地フィリーズ戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地フィリーズ戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地フィリーズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地フィリーズ戦に「2番・DH」で出場。9回の第5打席に今季MLB全体で最速タイとなる打球速度118.6マイル(約191キロ)の弾丸二塁打を放ち、今季94打点目をマークした。5回には三盗に挑んだが、相手捕手の強肩で刺されて失敗。ベース上で大の字になった際に敵軍選手とのやりとりに、X(旧ツイッター)上の日本人ファンからは「あの肩エグすぎる」「微笑ましくて笑った」といった声が上がっている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 ヒヤリとした後の“ほっこり”だった。5回に右前打を放った大谷は、続くドルーリーの四球で二塁へ。5番レンヒーフォの2球目に三盗を試みたが、フィリーズ捕手のリアルミュートの両膝をつきながらの強肩の前に、今季20個目の盗塁とはならなかった。

 三塁ベース上で憤死した大谷はカバーに入った三塁手のエドムンド・ソーサともつれて大の字に倒れた。ヒヤリとさせられるシーンだったが、ソーサは横たわる大谷に対し左手で“トントン”と合図すると大谷は立ち上がり、ソーサと慰め合うような態度を見せてベンチに引き揚げた。

 このシーンにX上の日本人ファンからは「球界ナンバーワンかの強肩のリアルミュート捕手相手に盗塁をしかも三塁に試みるとは」「リアルミュート座って投げてエグすぎますね」「あの肩エグすぎる」「大谷くん盗塁失敗残念だけどリアルミュート様の強肩見れたの好きムリ」などリアルミュートの強肩に驚く声や「二人でお互いトントンし合ってた」「不覚にも笑ってしまった」「2人ともかわいい」など、ソーサとのやりとりを微笑ましく思う声も上がっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集