[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「おなかの調子が悪くて…」 ラスト5mで大逆転、金メダル逃したジャマイカのアンカーが弁明【世界陸上】

ハンガリー・ブダペストで行われた世界陸上は27日(日本時間28日)、女子4×400メートルリレー決勝を行い、オランダが3分20秒72で初優勝を飾った。最後の5メートルで逆転という激闘。あとわずかのところで金メダルを逃したジャマイカのアンカーは試合後、原因を明かし“弁明”している。

ジャマイカのアンカーを担ったステイシーアン・ウィリアムズ【写真:ロイター】
ジャマイカのアンカーを担ったステイシーアン・ウィリアムズ【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上、最終日の女子マイルリレーで生まれたドラマ

 ハンガリー・ブダペストで行われた世界陸上は27日(日本時間28日)、女子4×400メートルリレー決勝を行い、オランダが3分20秒72で初優勝を飾った。最後の5メートルで逆転という激闘。あとわずかのところで金メダルを逃したジャマイカのアンカーは試合後、原因を明かし“弁明”している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 アンカーにバトンをつないだ段階で、1位はジャマイカ。3位のオランダとは10メートル近い差があった。ところが最後の直線に入ると、オランダのアンカーを務めたフェムケ・ボルが驚異のスパート。2位の英国を抜き、ジャマイカまで抜き去ったところがゴールだった。ボルは大会初日の19日(同20日)には、混合4×400メートルリレー決勝でアンカーを務め、同じ残り5メートルで転倒。落としたバトンがゴールラインを越え、まさかの失格となっていたこともあり、大会最終日のドラマとして伝えられた。

 ところで、大逆転を許した側はどんなことを考えていたのか。ジャマイカのアンカーを担ったステイシーアン・ウィリアムズがレース後に語っている。

 世界陸上を取材中のライター、ノエル・フランシス氏のX(旧ツイッター)によると「正直、リレーには最高のメンバーが揃っていたから、タフだった。出てくる直前に、本当にお腹の調子が悪くて苦しんでいたから、出られてレース完走に貢献できたのがただただ嬉しい。代表として出場できたことが良かった」と話したという。

 またカリブ海エリアのニュースサイト「ループ・ニュース」が公開した動画では、「最後の100メートルでは足に疲労を感じた? どんなことを考えていた?」という質問に対し、「正直、すごくきつかった。出てくる前にあまり調子が良くなかった。でもスタート前までにはまあまあ大丈夫になったけど、“ああ、出るまでもう少ししか時間がない”と自分の中で懸念があった」と答えている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集