[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

入賞まで残り2kmで悲劇 両脚痙攣でも完走、マラソン山下一貴にネット感動「だばだば泣いてる」

ブダペスト世界陸上は27日、男子マラソンが行われた。日本歴代3位のタイムを持つ26歳・山下一貴(三菱重工)が2時間11分19秒の12位で日本勢トップとなった。5位を快走していたが、入賞目前の40キロ過ぎから両脚の痙攣で2度失速するアクシデントに見舞われ、順位を落とした。2013年モスクワ大会の中本健太郎(安川電機)以来、日本勢5大会ぶりの入賞は惜しくも逃した。

世界陸上男子マラソンの山下一貴【写真:奥井隆史】
世界陸上男子マラソンの山下一貴【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は27日、男子マラソンが行われた。日本歴代3位のタイムを持つ26歳・山下一貴(三菱重工)が2時間11分19秒の12位で日本勢トップとなった。5位を快走していたが、入賞目前の40キロ過ぎから両脚の痙攣で2度失速するアクシデントに見舞われ、順位を落とした。2013年モスクワ大会の中本健太郎(安川電機)以来、日本勢5大会ぶりの入賞は惜しくも逃した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 レースはスタートから41歳・バトオチル(モンゴル)が飛び出す。後続との差を広げていたが、その後10キロ手前で集団が追いつく。バトオチルはその後、右腿を気にするようにして急失速。脱落した。20キロ過ぎ、其田健也、西山和弥がやや遅れる中、山下は先頭集団でも前の位置に立つなど健闘。30キロ通過はトップと5秒差の9番手で通過した。

 山下はアフリカ勢が中心となった先頭集団を引っ張る場面も。しかしその後ペースが上がり、33キロを8位集団で通過した。入賞争いも熱を帯びる中、35キロは7位で通過。その後も一人ひとりとらえていく。38キロ地点を6位、さらに39キロは5位と順位を上げて走る。しかし40キロ過ぎで足に痙攣があったのか、一時立ち止まった。何とか走り出したが後続に抜かれ、ゴール直前にも再度ストップ。それでも笑顔も見せながら、懸命に走りぬいた。

 入賞こそ逃したものの、X(旧ツイッター)上では「走り終わっての笑顔が爽やか」「山下選手の笑顔でだばだば泣いております」「世界と対等に戦う姿に感動しました」「足の痙攣で2度も止まったのに走り続けて完走したのは素晴らしかった」「夢を見せてくれて感動した」「本当に辛い場面ですらあの表情…感動しました」などと陸上ファンの感動と労いの声が集まった。

 山下はレース後「申し訳ないです。入賞できたと思ったんですけどね…なかなか難しいですね」と苦笑い。「左足のふくらはぎがつって、気にしながら走ったら右足もつってしまった」とアクシデントのシーンを振り返った。「また帰ってきます。次はメダルを目指して頑張りたい」と話した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集