[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マラソン山下一貴「予兆全くなかった」 入賞目前で両脚痙攣、失速12位も笑顔「日本選手でも戦える」

ブダペスト世界陸上は27日、男子マラソンが行われた。日本歴代3位のタイムを持つ26歳・山下一貴(三菱重工)が2時間11分19秒の12位で日本勢トップとなった。5位を快走していたが、入賞目前の40キロ過ぎから両脚の痙攣で2度失速するアクシデントに見舞われ、順位を落とした。2013年モスクワ大会の中本健太郎(安川電機)以来、日本勢5大会ぶりの入賞は惜しくも逃した。

世界陸上男子マラソンの山下一貴【写真:奥井隆史】
世界陸上男子マラソンの山下一貴【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は27日、男子マラソンが行われた。日本歴代3位のタイムを持つ26歳・山下一貴(三菱重工)が2時間11分19秒の12位で日本勢トップとなった。5位を快走していたが、入賞目前の40キロ過ぎから両脚の痙攣で2度失速するアクシデントに見舞われ、順位を落とした。2013年モスクワ大会の中本健太郎(安川電機)以来、日本勢5大会ぶりの入賞は惜しくも逃した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 レースはスタートから41歳・バトオチル(モンゴル)が飛び出す。後続との差を広げていたが、その後10キロ手前で集団が追いつく。バトオチルはその後、右腿を気にするようにして急失速。脱落した。20キロ過ぎ、其田健也、西山和弥がやや遅れる中、山下は先頭集団でも前の位置に立つなど健闘。30キロ通過はトップと5秒差の9番手で通過した。

 山下はアフリカ勢が中心となった先頭集団を引っ張る場面も。しかしその後ペースが上がり、33キロを8位集団で通過した。入賞争いも熱を帯びる中、35キロは7位で通過。その後も一人ひとりとらえていく。38キロ地点を6位、さらに39キロは5位と順位を上げて走る。しかし40キロ過ぎで足に痙攣があったのか、一時立ち止まった。何とか走り出したが後続に抜かれ、ゴール直前にも再度ストップ。それでも笑顔も見せながら、懸命に走りぬいた。

 取材エリアには笑顔で登場。「38キロで左ふくらはぎがつって失速した。予兆は全くなかったので自分でもビックリ」と状況を明かし、一時は上位にいたことに「皆さんも面白いのではと思いながら走っていた」と持ち前の明るいキャラクターを見せた。

「思ったより冷静でした。他に周りに選手いないからあの位置(一時上位)で走れた。集団から離れて追いついたのは、ただ前にいただけ。自分から出たわけではないです。仕掛けたわけではない。プランは決めず、自分のペースを守って走り切ることだけを考えていた。

(左脚をつって以降)ペースを落としたくなくて、『右脚がんばれ』と思いながらだった。でも、右脚もつってしまった。給水前後のペースの上げ下げがきつかったです。つってしまったので夏のマラソンは難しいですね。あの位置にいられたので、日本選手でも戦えるのだと思う。みんなの自信になったら嬉しい」

 山下は駒大2年から駅伝の主要区間を任されるなど成長。2019年、4年生で臨んだ関東インカレ2部ハーフマラソンで2位になった。21年2月のびわ湖で初マラソンながら2時間8分10秒。23年3月の東京マラソンでは、日本歴代3位の2時間5分51秒で日本人トップの7位に入った。

 この日は「かなり緊張して吐きそうでした。20キロくらいまで」と報道陣の笑いを誘い、「隣りに其田さんがいたので、話しかけてリラックスさせていただいた」とコメント。世界との差は「思い切りの良さ。あそこまで出られる心境がわからない」と痛感した。

 2024年パリ五輪代表を決める10月15日のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)にも出場予定。2か月弱と短い異例のスパンだが「つらないようにして優勝を目指したい」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集