[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本400mリレー5位、痛恨バトンミスの理由 3走小池「接触があった。頭が真っ白」4走サニブラウン「加速できない状態」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は26日(日本時間27日)、男子4×100メートルリレー決勝が行われ、日本は37秒83で5位だった。25日(同26日)の予選と同じく坂井隆一郎、柳田大輝、小池祐貴、サニブラウン・ハキームの走順。予選は今季ベスト37秒71の組3着、全体4番手で決勝進出を決め、2大会ぶりメダルに期待されたが、バトンパスでもたつくミスがあり、わずか0秒07差で表彰台を逃した。米国が37秒38で金メダル、イタリアが37秒62で銀メダル、ジャマイカが37秒76で銅メダル。

世界陸上・男子4×100メートルリレー決勝で走るサニブラウン・ハキーム(左)【写真:奥井隆史】
世界陸上・男子4×100メートルリレー決勝で走るサニブラウン・ハキーム(左)【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は26日(日本時間27日)、男子4×100メートルリレー決勝が行われ、日本は37秒83で5位だった。25日(同26日)の予選と同じく坂井隆一郎、柳田大輝、小池祐貴、サニブラウン・ハキームの走順。予選は今季ベスト37秒71の組3着、全体4番手で決勝進出を決め、2大会ぶりメダルに期待されたが、バトンパスでもたつくミスがあり、わずか0秒07差で表彰台を逃した。米国が37秒38で金メダル、イタリアが37秒62で銀メダル、ジャマイカが37秒76で銅メダル。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 メダルまで、あとわずかだった。大外9レーンの日本はカミソリスタートが武器の1走・坂井が上位争いで2走・柳田へ。8レーンの米国が飛ばすものの、必死に食らいつき、3走・小池も巧みなコーナリングを披露。2番手争いでアンカー・サニブラウンにバトンを渡そうとした。しかし、2人の距離が遠く、走り出したサニブラウンが一瞬、振り返った。いったん減速する痛恨のミスがあり、猛然と追い込んだが、3位のジャマイカに0秒07及ばず、5位に終わった。

 4人は取材エリアに現れ、サニブラウンは「もらうところでほとんど加速できない状態だった」と吐露。上位に追いつけそうかどうかの感触について、「加速に乗っていないので無理ですね」と振り返り、「自分と小池さんのバトンは昨日もアップでやったし、予選でもやっていてそこは問題なかった。ちゃんとやれたらメダルは獲れる。あとは個人個人がしっかりやること」と課題を口にした。

 一方、小池は「バトンも(予選と)レーンが変わって難しい。でも、みんなで攻める気持ちで来られた。ちょっとのアクシデントが響いてしまう競技」と悔しさを吐露。「調子はよかったけど、接触があったので100%は走れていない。2回くらいぶつかった印象です。その時点で頭が真っ白だった。無理に立て直して最後は落ちたなと思った」と明かし、他国との接触があったとみられる。

 日本は2017年ロンドン、19年ドーハで2大会連続銅メダルだった。昨年オレゴンは100メートル決勝進出の疲労を残したサニブラウン、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた小池を欠いた若いチーム。予選組4着でフィニッシュしたが、バトンミスによる失格で3大会連続の決勝進出を逃した。

 21年東京五輪は決勝でバトンを繋げず、途中棄権に終わった。この種目を引っ張ってきた山縣亮太、桐生祥秀、多田修平らは五輪以降、怪我やコンディション不良で代表に入れず。24年パリ五輪も控える中、今回は五輪を含めて世界大会4年ぶりのメダル獲得で“お家芸”復活が期待されていた。

坂井「個人の走りとしてはスタートが切れて、力を抜いて行けた。ただ、アメリカの追い上げがあって、個人の力の差を痛感した。(隣りの)選手自体は見えていない。気持ちは焦らずに行けた。(2走への)繋ぎの部分で攻めきれなかった。メダルを目指していたので悔しい。日本記録を出せれば銀メダル。出せる気持ちもある」

柳田「世界の速い選手が集まるところ。僕自身もっと力をつけないといけない。(個人種目含め4本目で疲労は?)そんなこと言っていたら戦えない。トレーナーさんも来てくださっている。(日本の2走として)歴代の中では速いと言われたけど、決勝は他より速くないと意味がない。メダルを獲りたいと思っていた。ここで満足していられない。個人も、チームも上を目指したい」

小池「狙っていたところではないですし、皆さんの期待したところではなかったと思う。走力的にも、バトンパス的にも(修正すれば)記録的にはメダルに届く位置。そういう意味では収穫があった。今大会はメンバーの顔合わせの感じもある。自分がアメリカでやっているのもあるし、日本の和を重んじることも大切にした。まとまって行動できたと思う。リレーは後ろの選手を信じて前だけを見て走るもの。そういう意味ではみんな前を向いてできたと思う」

サニブラウン「去年はここ(リレー)に来られなくて、今回は走ってこれが経験になると思う。200メートルもあったら相当きつい。しっかり練習して力をつけたい。やり切ったはやり切ったけど、悔しい気持ちの方が大きい」

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集