[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子マラソンで日本の元留学生ワンジルが6位入賞 日本語で「暑さはヤバイ。ダルい」

ブダペスト世界陸上は26日、女子マラソンが行われ、留学生として青森山田高に在籍したR.ワンジル(ケニア)が2時間26分42秒で6位入賞した。日本の実業団でも活躍した28歳。目標だった優勝には届かなかったが、「暑さはヤバイ。暑くて体もダルい」と笑顔で取材に応じた。

世界陸上・女子マラソンの先頭集団で走るケニアのR.ワンジル(左から2人目)【写真:Reuters】
世界陸上・女子マラソンの先頭集団で走るケニアのR.ワンジル(左から2人目)【写真:Reuters】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は26日、女子マラソンが行われ、留学生として青森山田高に在籍したR.ワンジル(ケニア)が2時間26分42秒で6位入賞した。日本の実業団でも活躍した28歳。目標だった優勝には届かなかったが、「暑さはヤバイ。暑くて体もダルい」と笑顔で取材に応じた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 陸上ファンには知られたランナーがブダペストを駆け抜けた。ワンジルはスローペースの集団の中で優勝争いに割って入る展開。最終盤の抜け出しにはついていけなかったが、堂々の6位入賞だった。ワンジルは日本のメディアに対し、第一声で「まずは皆さん応援ありがとうございます」と日本語で話し、笑顔で律儀に頭を下げた。

 気温はスタート時の24度から折り返し付近で33度に上昇。ジリジリとした強い日差しを受け、「暑さはヤバイ。暑くて体もダルい」と大粒の汗。今後については「(来年の)東京マラソンに出てパリ(五輪)に行きたい。その後は東京(2025年世界陸上)も。ターゲットは来年のパリです。パリはまず優勝したい」と流暢な日本語で答えた。

 日本勢では、2大会連続3度目出場の28歳・松田瑞生(ダイハツ)が2時間29分15秒で日本人トップの13位、加世田梨花(ダイハツ)が2時間31分53秒の19位、佐藤早也伽(積水化学)が2時間31分57秒の20位。2019年ドーハ大会の谷本観月以来、日本人2大会ぶりの入賞はならなかった。A.B.シャンクル(エチオピア)が2時間24分23秒で初優勝した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集