[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「解説困ってる」「あり得ない」 世界陸上やり投げで衝撃の“側転スロー”が話題、着地もピタリ

ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、男子やり投げの予選が行われた。日本のファンの間ではレアンドロ・ラモス(ポルトガル)のダイナミックな投法が話題に。

ダイナミックな投法が話題のレアンドロ・ラモス【写真:ロイター】
ダイナミックな投法が話題のレアンドロ・ラモス【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、男子やり投げの予選が行われた。日本のファンの間ではレアンドロ・ラモス(ポルトガル)のダイナミックな投法が話題に。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ラモスは助走から勢いよくやりを投げると、同時に体を回転。まるで側転するかのようにして着地した。ラインを越えることなくピタッと止まったが、1回目66メートル02、2回目74メートル03と上位に入れず。3回目の試技でも豪快な回転を披露したが、記録は73メートル55に終わり、全体31位で予選落ちとなった。

 TBSの中継にも映り、日本のファンもこの投法には驚いた様子。X(旧ツイッター)上では「やっていた身からするとありえない…」「5回くらい見直した」「丁度線の手前で止まっているのすごい」「いろいろとおもろすぎる」「問題は余り飛ばせてないという事」「解説すんげぇ困ってて草」などと反響が集まっていた。ラモスは昨年のオレゴン大会でも同様の投法を披露している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集