[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カート事故で右目負傷ジャマイカ選手が救済決勝8位「深夜1時に病院から戻った。ものが見えることに感謝」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、男子200メートル決勝が行われ、ノア・ライルズ(米国)が19秒52(向かい風0.2メートル)で3連覇とともに100メートルとの2冠を達成した。一方、準決勝のレース直前、選手輸送カートの衝突事故で右目を負傷し、救済で決勝進出したアンドリュー・ハドソン(ジャマイカ)は20秒40で8位。レース後は「気分は良い。ここにいられてうれしい」と語り、事故後の状態も明かした。

世界陸上、男子200メートル決勝で8位だったアンドリュー・ハドソン【写真:ロイター】
世界陸上、男子200メートル決勝で8位だったアンドリュー・ハドソン【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、男子200メートル決勝が行われ、ノア・ライルズ(米国)が19秒52(向かい風0.2メートル)で3連覇とともに100メートルとの2冠を達成した。一方、準決勝のレース直前、選手輸送カートの衝突事故で右目を負傷し、救済で決勝進出したアンドリュー・ハドソン(ジャマイカ)は20秒40で8位。レース後は「気分は良い。ここにいられてうれしい」と語り、事故後の状態も明かした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 世界陸上で驚きを与えた男子200メートル準決勝1組の出来事。サブトラックから会場に選手を輸送するカートが別のカートに衝突され、割れたガラス片により、ハドソンは右目を負傷した。レース順が3組目に振り替えられ、視界がかすんでいる状態で走って組5着だったが、救済により決勝進出。ファイナルは20秒40で8位だったが、本人は「気分は良い。ここにいられてうれしい」と喜んだ。

 目の状態については「良くなっている」と言ったものの、準決勝の後に病院に向かった前日は「午前1時頃に病院から戻ってきたんだ」といい、28日に改めて専門医に診察を受ける予定。「病院から戻ってきた時に決勝進出を知ったんだ」と明かしつつ、「しっかりとものが見えることに感謝している。それが最も大事なことだからね」と語った。レースについては「もっとうまく走れれば良かったと思う。自分はもっとできる。来年それが見せたい」とパリ五輪で雪辱を誓った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集