[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本競歩はこのまま終わらない」 川野将虎、メダル0の危機を救う35km銅「自分が繋ぐ」

ブダペスト世界陸上は24日、男女の35キロ競歩が行われ、昨年銀メダルの川野将虎(旭化成)が2時間25分12で銅メダルを獲得した。19日の男子20キロ競歩では表彰台独占の可能性があったが、まさかのメダルなし。日本競歩界の意地を見せ、「このまま日本の競歩は終わっていられない」と強い気持ちで結果を残した。

世界陸上・35キロ競歩、銅メダルを獲得した川野将虎(右)【写真:ロイター】
世界陸上・35キロ競歩、銅メダルを獲得した川野将虎(右)【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は24日、男女の35キロ競歩が行われ、昨年銀メダルの川野将虎(旭化成)が2時間25分12で銅メダルを獲得した。19日の男子20キロ競歩では表彰台独占の可能性があったが、まさかのメダルなし。日本競歩界の意地を見せ、「このまま日本の競歩は終わっていられない」と強い気持ちで結果を残した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 スタートラインでの選手紹介。川野は名前を呼ばれると、カメラに深々とお辞儀した。15キロ付近からオーレリアン・キニオン(フランス)がペースアップ。20キロで2位以下に30秒ほどの差をつけた。川野は2位集団でレースを進める展開。30キロ手前でキニオンが3度目のペナルティーを受け、優勝争いから脱落したことで川野は一気に先頭争いになった。

「メダルを絶対に獲得する。スタミナには自信がある」

 譲れない想いを胸に足を動かした。最終スパートで離されたものの、両手を広げながらフィニッシュ。上位選手たちと握手を交わし、健闘を称え合った。「今大会に向かうにあたって本当に苦しい道のりだった。なかなか思うようにいかず日本選手権は惨敗。多くの方々のおかげで最高の状態でこの舞台に立てた。みんなの取り組みが間違いじゃないことを証明したかった」と汗を拭った。

 19日の男子20キロ競歩では山西利和、池田向希の前回メダリスト2人が入賞に届かず。日本競歩界のメダルゼロの危機を救い、伝統を繋ぐ歩きに胸を張った。

「山西選手、池田選手など強い選手がいますが、メダルが獲れなかった。このまま日本の競歩は終わっていられない。自分が繋ぐんだ、と。歴代の方々が繋いで下さったから今の僕たちがいる。感謝を持ってそれを繋ぎたいという思いだった」

 21年東京五輪は50キロ競歩で6位入賞。昨年オレゴン大会は当時の日本新記録2時間23分15秒で銀メダルだった。今後は種目がなくなるため、20キロ競歩を主戦とする方針。「さらに磨いていきたい」と成長を誓った。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集