[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「仕事どころじゃない」「明日からどうすれば…」 大谷翔平の靭帯損傷で悲嘆に暮れるファン続出

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、レッズとのダブルヘッダー第2戦に「2番・DH」で出場した。第1戦では投打同時出場するも、腕の疲労のため2回に途中降板。第2戦終了後、ペリー・ミナシアンGMが会見し、右肘のUCL(内側側副靭帯)の損傷により「投手・大谷」が今季絶望となったことが明らかにされたが、この発表を受けて多くの日本人ファンから「ショックすぎて仕事どころじゃない」「あの時点で休んで欲しかった」など悲嘆する声が続出している。

レッズ戦で降板するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
レッズ戦で降板するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レッズ戦で緊急降板

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、レッズとのダブルヘッダー第2戦に「2番・DH」で出場した。第1戦では投打同時出場するも、腕の疲労のため2回に途中降板。第2戦終了後、ペリー・ミナシアンGMが会見し、右肘のUCL(内側側副靭帯)の損傷により「投手・大谷」が今季絶望となったことが明らかにされたが、この発表を受けて多くの日本人ファンから「ショックすぎて仕事どころじゃない」「あの時点で休んで欲しかった」など悲嘆する声が続出している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 大谷はレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打二刀流出場。2回の投球中に異変を訴え、緊急降板した。打者としても3回の打席に代打を送られて交代。球団は「腕の疲労」が原因としていた。その後の同第2戦には「2番・DH」で出場し、右翼線二塁打を放っていた。

 カリフォルニア地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」は公式X(旧ツイッター)で、試合後のペリー・ミナシアンGMの会見映像を公開。「我々が試合と試合の間に画像検査を行ったところ、彼には損傷があった。彼は今季の残りは投げない。ダブルヘッダーの2試合目は出場させたが、基本的には毎日様子を見ながらになる。それが現状だ」と、投手としては今季絶望となったことを伝えた。

 このショッキングな発表を受けて、ネット上の日本人ファンも悲嘆に暮れている。

「大谷くんのニュースショックすぎて仕事どころじゃないよ」
「悲しすぎる」
「明日からどうしたらいい」
「軽傷であることを祈る」
「大谷の怪我じわじわショックくる。もう一度トミー・ジョンはあかん…」
「大谷とトラウトが同じ日に怪我するとか呪われ過ぎとるやろ」
「流石に大谷選手を使いすぎじゃない?」
「やっぱりハンパない負担があるんだろうな」
「あの時点で休んで欲しかった」
「痙攣続いた時点で精密検査受けさせるべきだったでしょ」
「WBCから休みなく、2刀流挑戦で身体を酷使した代償」

 大谷は投手として今季23試合に登板。10勝5敗、防御率3.14の好成績を残し、サイ・ヤング賞候補の一人にも挙げられていた。8月9日(同10日)のジャイアンツ戦で6回1失点と好投し、それ以来の登板だった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集