[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米に衝撃走った投手・大谷翔平の今季絶望 現地メディアも一斉報道「最大の契約が予想されたが…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、右肘のUCL(側副靭帯)を損傷し、今季の残り試合では登板しないことが明らかになった。同日のレッズとのダブルヘッダー第1試合に「2番・投手」で先発したものの、2回で途中降板し、第2試合の後にペリー・ミナシアンGMが会見で語った。投打二刀流で躍動していた中で突然の悲報。全米に衝撃が走り、現地メディアも「確実に次の契約に影響を与えるだろう」などと一斉に報じている。

レッズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
レッズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ミナシアンGMが故障と今季終了を明かす

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、右肘のUCL(側副靭帯)を損傷し、今季の残り試合では登板しないことが明らかになった。同日のレッズとのダブルヘッダー第1試合に「2番・投手」で先発したものの、2回で途中降板し、第2試合の後にペリー・ミナシアンGMが会見で語った。投打二刀流で躍動していた中で突然の悲報。全米に衝撃が走り、現地メディアも「確実に次の契約に影響を与えるだろう」などと一斉に報じている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大谷はレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打二刀流出場。2回の投球中に異変を訴え、緊急降板していた。打者としても3回の打席に代打を送られて交代。球団は「腕の疲労」が原因としていた。その後の同第2戦には「2番・DH」で出場。右翼線二塁打を放っていた。

 試合後、カリフォルニア地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のX(旧ツイッター)はペリー・ミナシアンGMの会見映像を公開。右ひじのUCL損傷により、投手としては今季絶望となったことが明かされた。投手として今季23試合に登板。10勝5敗、防御率3.14の好成績を残し、サイ・ヤング賞候補の一人にも挙げられていたが、突然の悲報となった。

 現地メディアも一斉に報道。米マサチューセッツ州地元局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」は「エンゼルスのスーパースターのショウヘイ・オオタニは壊滅的な怪我を負った」との見出しで記事を掲載。「今シーズン再び投球することはないが、オオタニはシーズンで40本のホームランと10勝を成し遂げた最初の選手となりMLBの歴史を作った」と偉業を伝えた上で、「今季終了後にフリーエージェント(FA)になるため、この負傷はほぼ確実にオオタニの次の契約に影響を与えるだろう」と今オフの契約への影響を指摘している。

 米カリフォルニア州地元局「NBCスポーツ・ベイエリア」は「エンゼルスのショウヘイ・オオタニはUCLを断裂、2023年シーズンで再び投球することはない」との見出しを打った記事で「オオタニは数時間前に怪我を負っているにもかかわらず、ダブルヘッダーの第2ゲームでプレーした」「オオタニはこのオフシーズンにMLBの歴史において最大のFA契約を獲得することが期待されているが、この負傷は問題を複雑にする」と報じた。

 さらに米スポーツ専門局「ESPN」は「エンゼルスのショウヘイ・オオタニは肘を断裂、今シーズン再び投球することはない」とのタイトルの記事で「ユニークで貴重なアメリカンリーグMVPの最有力候補は、エンゼルスとの6シーズンの後、野球史上最も有利な契約のオファーを受けると予想されていたが、今では彼のピッチングの肘の状態による」と報じた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集