[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子400m途中棄権の東京五輪王者が症状を報告 先頭→ラスト100mで負傷「残念ながら今季終了だ」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上の男子400メートル準決勝でレース途中に棄権した東京五輪金メダリスト、スティーブン・ガーディナー(バハマ)が23日にインスタグラムを更新。太もも裏の負傷を明かし、「残念ながら今季終了。でも私は大丈夫だ。決して諦めない」とつづり、復活を誓った。

男子400メートル準決勝で倒れ込むスティーブン・ガードナー【写真:ロイター】
男子400メートル準決勝で倒れ込むスティーブン・ガードナー【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上の男子400メートル準決勝でレース途中に棄権した東京五輪金メダリスト、スティーブン・ガーディナー(バハマ)が23日にインスタグラムを更新。太もも裏の負傷を明かし、「残念ながら今季終了。でも私は大丈夫だ。決して諦めない」とつづり、復活を誓った。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ガーディナーは22日(日本時間23日)に行われた準決勝3組で先頭を走りながらラスト100メートルでレースをやめ、途中棄権。自力で歩けず、車椅子でトラックを後にした。ほどなくして更新したインスタグラムで「心が張り裂けそうだが、決して諦めない」と切り出した。

「今日、400メートル準決勝で、大腿後部から膝に伸びる腱のグレード1の捻挫を負った。残念ながら今季終了」と報告。「でも、私は大丈夫だ。ブダペストの医療スタッフ、バハマ代表、私のマネージメントチーム、コーチ、ファン、スポンサーに対し、私をいつも信じてくれることに感謝したい」と感謝も記した。

 ガーディナーは東京五輪400メートル金メダリスト。連覇を目指す来年のパリ五輪で無念を晴らす。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集