[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三浦龍司、3000m障害で日本人初入賞6位! 東京五輪7位に次ぐ快挙も「1つ上がったけど、もうちょっと削れた」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は22日(日本時間23日)、男子3000メートル障害決勝が行われ、2大会連続2度目の出場だった21歳三浦龍司(順大)が8分13秒70で日本人過去最高6位&初の入賞。日本人20年ぶりの同種目決勝で、7位だった2021年東京五輪に次ぐ入賞の快挙を果たした。26歳の青木涼真(Honda)は8分24秒77の14位だった。ソフィアン・エルバッカリ(モロッコ)が8分03秒53で金メダルを獲得した。

世界陸上・男子3000m障害決勝で走る三浦龍司【写真:奥井隆史】
世界陸上・男子3000m障害決勝で走る三浦龍司【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は22日(日本時間23日)、男子3000メートル障害決勝が行われ、2大会連続2度目の出場だった21歳三浦龍司(順大)が8分13秒70で日本人過去最高6位&初の入賞。日本人20年ぶりの同種目決勝で、7位だった2021年東京五輪に次ぐ入賞の快挙を果たした。26歳の青木涼真(Honda)は8分24秒77の14位だった。ソフィアン・エルバッカリ(モロッコ)が8分03秒53で金メダルを獲得した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 16人で行われたレースはスローペースで展開され、序盤は青木が中団のイン、三浦が後方2、3番手につけた。最初の1000メートルは2分50秒。中盤は三浦が巧みな飛越を生かして徐々に位置を上げ、2000メートルを7番手で通過したが、このあたりから上位勢がペースを上げ始め、先頭から距離を空けられ始めた。6番手で残り1周に入った三浦はラストスパートで一時は5番手に上がり、懸命に前を追ったが、ゴール寸前で1位人抜かれ、6位でフィニッシュした。

 三浦は7位だった東京五輪に次ぐ入賞の快挙。中継局のインタビューでは「五輪より1つ上がった感じだけど、ラスト脚を動かせずに1人抜かれたのは詰めの甘いところが出た。もうちょっと削れた」と悔しさをにじませ、「レースプランは最初100メートルは接触するのではなく、自分の場所を確保するというところ。狙い通りには走れた」と振り返った。

 8分11秒98で銅メダルを獲得したエーブラハム・キビウォット(ケニア)まで2秒足らず。それでも残り2周で先頭が一気にペースを上げたことについて「もう前方はかなり先に行っていたので、さすがというか、やっぱり違うなと思った。タイムを見てもこれだけ(差を)つけられたんだなと痛感させられた」と世界トップ層のレベルに脱帽した。「次としてはパリ五輪が大きな目標点であはあるので、それを最高の目標にして頑張っていきたい」とさらなる成長を誓った。

 三浦は2021年5月に日本記録を18年ぶりに更新。東京五輪でも日本新で7位に入り、日本人初の入賞を成し遂げた。昨年はダイヤモンドリーグ(DL)ファイナル4位だったが、オレゴン世界陸上は予選敗退。今季は1500メートルや5000メートルなどで強化した。6月の日本選手権で3連覇すると、直後のDLパリ大会で自身の記録を0秒01上回る8分09秒91をマーク。またも日本記録を更新した。

 予選は三浦が8分18秒73の全体4番手、青木が8分20秒54の同10番手に入り、日本人過去最高位だった03年パリ大会11位の岩水嘉孝以来となる決勝進出を果たしていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集