[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「勉強じゃなくレースに来た」 24歳女子ハードラー・田中佑美、初の世界陸上で示した勝負魂

ブダペスト世界陸上は22日(日本時間23日)、女子100メートル障害予選が行われ、初出場の24歳・田中佑美(富士通)が13秒12(追い風0.4メートル)の5組7着、全体34番手で予選落ちした。世界デビュー戦はほろ苦い経験となったが、収穫はあった様子。「自分は勉強じゃなくてレースをしに来た」と全身全霊で戦った。

世界陸上・女子100メートル障害予選で走る田中佑美【写真:奥井隆史】
世界陸上・女子100メートル障害予選で走る田中佑美【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は22日(日本時間23日)、女子100メートル障害予選が行われ、初出場の24歳・田中佑美(富士通)が13秒12(追い風0.4メートル)の5組7着、全体34番手で予選落ちした。世界デビュー戦はほろ苦い経験となったが、収穫はあった様子。「自分は勉強じゃなくてレースをしに来た」と全身全霊で戦った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 最終5組目の田中は、待機室で全組のタイムを確認した。「12秒90台が通過ラインになる」。ウォーミングアップで体はよく動いていた。自己ベストは12秒89。「あとは自分との闘い」。スタートでうまく出ると、落ち着きを持ったまま後半へ。しかし、ここからというところで離された。

 取材エリアでは、待ち構える報道陣に「ありがとうございます」と一礼。「全く思った通りに走らせてくれませんでした」と初々しく苦笑いした。

「私がリズムアップして、他の方々に追いつきかけるタイミングで離されていった。(事前に展開を)理解はしていたんですけど、やっぱり実感するのとはまた別。上手に自分のリズムを刻み上げられなかった。

 緊張はあまりなかったんですけど、コールルームが少し寒くて。快適ではあったんですけど、パッと外に出たら蒸し暑くて、寒暖差で一瞬体がだるくなった感じがしました。どうしようかなと思ったんですけど、案外スタートまでは時間があったので、落ち着いて気温に慣らすことができました」

 レース直後の取材のため、走った動画を確認していない状態。「体感としてはずっと置いていかれていた感じではあります。でも、やっぱり他人と比較してしまうとレベルが違うのは明らかなので、それと比較して俯瞰するのはやめようと思います」と冷静だった。海外勢に通用すると思えた点を問われたが、勝負をする意識を大事にしていたことを明かした。

「実はあえて何も見ていなくて(笑)。せっかくの勉強の機会なんですけど、やっぱり自分は勉強じゃなくてレースをしに来たので、レースに集中していました」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集