[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

写真でもばっちり分かる110m障害5位・泉谷駿介のハプニングの証拠 左手に握っている物の正体は?

ブダペスト世界陸上は21日(日本時間22日)、男子110メートル障害決勝が行われ、3大会連続3度目の出場となった日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)は13秒19秒で5位。男女通じ、五輪を含めて日本人初の決勝を激走した。ただ、レース後には「結構散々だった」と振り返る驚きの事実を告白。その一つが、号砲で立ち上がった時に腰につけたゼッケンが左手についてしまったこと。その様子は、現地で取材するカメラマンの写真にしっかりと写っていた。

世界陸上・男子110メートル障害決勝で走る泉谷駿介の左手には腰ナンバーが【写真:奥井隆史】
世界陸上・男子110メートル障害決勝で走る泉谷駿介の左手には腰ナンバーが【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は21日(日本時間22日)、男子110メートル障害決勝が行われ、3大会連続3度目の出場となった日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)は13秒19秒で5位。男女通じ、五輪を含めて日本人初の決勝を激走した。ただ、レース後には「結構散々だった」と振り返る驚きの事実を告白。その一つが、号砲で立ち上がった時に腰につけたゼッケンが左手についてしまったこと。その様子は、現地で取材するカメラマンの写真にしっかりと写っていた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 まるで手にメモを1枚持って走っているようだった。

 号砲と同時に立ち上あがり、駆け出した次の瞬間、左手に泉谷のレーン番号「6」と書かれたシール状のゼッケンがくっついた。そのまま次々と10台のハードルを跳び、5位で完走。世界陸上の決勝、しかもスタートと同時に両足のふくらはぎがつっていたというから驚きだ。

「スタートした瞬間、両脚つっちゃって。結構焦って…。しかも腰ナンバーが手についちゃって、結構散々だったんですけど、その中で気合いで走りました」

 レース後のインタビューで明かした驚きの事実。そんなハプニングがあって内心は焦りながらも、メダルまで0.1秒差に迫った。「パリオリンピックでメダル取れる」と期待の声も上がった日本短距離界のエース。不運に見舞われてなお、強さを印象付けてブダペストを去る。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集