[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子100mで3連覇逃した36歳フレイザープライスに海外称賛 若き新女王に潔く「品格ある振る舞い」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は21日(日本時間22日)、女子100メートル決勝が行われ、シャカリ・リチャードソン(米国)が大会新記録の10秒65(向かい風0.2メートル)で金メダルを獲得した。シェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)が10秒72で銀メダル、3連覇を狙ったシェリーアン・フレイザープライス(ジャマイカ)が10秒77で銅メダルとなった。レース後は23歳と36歳の新旧女王が健闘を称え合い、海外で感動が広がった。

女子100メートル決勝で銅メダルを獲得し国旗を掲げるシェリーアン・フレイザープライス【写真:Getty Images】
女子100メートル決勝で銅メダルを獲得し国旗を掲げるシェリーアン・フレイザープライス【写真:Getty Images】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は21日(日本時間22日)、女子100メートル決勝が行われ、シャカリ・リチャードソン(米国)が大会新記録の10秒65(向かい風0.2メートル)で金メダルを獲得した。シェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)が10秒72で銀メダル、3連覇を狙ったシェリーアン・フレイザープライス(ジャマイカ)が10秒77で銅メダルとなった。レース後は23歳と36歳の新旧女王が健闘を称え合い、海外で感動が広がった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 レースはフレイザープライスが持ち前のスタートで飛び出したが、中盤以降は内からジャクソン、外からリチャードソンが迫る。ラスト10メートルは内外離れたジャクソンとリチャードソンの接戦となったが、9レーンのリチャードソンが0秒07競り勝った。電光掲示板で金メダルを確認したリチャードソンは歓喜を爆発させ、世界最速女王の称号を噛みしめた。

 対照的にフレイザープライスは3連覇ならず。しかし、リチャードソンと互いに母国の国旗を背中にかけ、健闘を称え合った。23歳と36歳。ひと回り以上年齢は違うが、新旧女王はリスペクトを忘れない。その模様を世界陸連公式X(旧ツイッター)は「勝って謙虚、負けて潔し」という2人への称賛メッセージとともに写真で公開した。すると、海外ファンからも続々と拍手が寄せられた。

 返信欄では「シャカリはいつもライバルたちに敬意を持っている」「素晴らしい写真ね」「この写真大好き」「リスペクトだ」という声の一方で「シェリーは品格のある振る舞いね」「シェリーは36歳で未だにメダル獲得してるなんて……」「シェリーはいつも一流だよね」と常に明るく振る舞い、他者に対しても優しいトップスプリンターへの反響も相次いだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集