[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥とも戦ったロドリゲスに衝撃の過去 悪ふざけで全身2/3火傷「友人と車を燃やそうとして…」

ボクシングでかつて井上尚弥(大橋)に敗れ、今月12日(日本時間13日)に行われたIBF世界バンタム級王座決定戦で王座返り咲きを果たしたエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が壮絶な過去を海外メディアに明かした。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

海外メディアのインタビューで告白「不運にも体の66%が火傷を負ってしまった」

 ボクシングでかつて井上尚弥(大橋)に敗れ、今月12日(日本時間13日)に行われたIBF世界バンタム級王座決定戦で王座返り咲きを果たしたエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が壮絶な過去を海外メディアに明かした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 米スポーツチャンネル「ショータイム」公式X(旧ツイッター)で公開されたインタビュー動画の英語字幕によると、ロドリゲスは「2010年、2人の友人とおふざけで車を燃やそうと企んだんだ」と18歳だったアマ時代の悪ふざけエピソードを語った。

「不運にも、66%の俺の体が火傷を負ってしまった。4か月と2日間、集中治療室で過ごしたんだ」

 衝撃の過去を明かしたロドリゲス。「ボクシングには復帰しようと思っていたけれど、ここまで来られるとは想像しなかった。苦痛は痛みからではなかった。自分のキャリアを諦め、耳にするものは全てネガティブだったからだ。当時ほど苦痛を感じたことは人生でなかった」と振り返った。

「俺が生きているのは、幸運にも車に火をつけたときに爆発しなかったからだ。俺は車から2インチ(約5センチ)もない位置に立っていた。俺が車にガソリンをかけていたから、もし爆発していれば俺はここにはいない。だから、ここに存在できているだけで勝ちなんだよ」

 命も危なかったというロドリゲス。一歩間違えば、その後のプロボクサーとしてのキャリアが開かれ、世界王者のベルトを巻くことはなかった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集