[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

110m障害・泉谷駿介、日本人初の決勝進出! 準決13秒16組1着&全体3番手で堂々着順決め、日本記録保持者が快挙【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は21日(日本時間22日)、男子110メートル障害準決勝が行われ、3大会連続3度目出場となった日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)は13秒16(向かい風0.2メートル)の1組1着で男女通じ、五輪を含めて日本人史上初の同種目決勝進出を決めた。8人で争う決勝は21日午後9時40分(同22日午前4時40分)に行われる。

世界陸上・男子110メートル障害準決勝1組1着でゴールする泉谷駿介【写真:奥井隆史】
世界陸上・男子110メートル障害準決勝1組1着でゴールする泉谷駿介【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は21日(日本時間22日)、男子110メートル障害準決勝が行われ、3大会連続3度目出場となった日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)は13秒16(向かい風0.2メートル)の1組1着で男女通じ、五輪を含めて日本人史上初の同種目決勝進出を決めた。8人で争う決勝は21日午後9時40分(同22日午前4時40分)に行われる。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 レースは他選手のフライング失格があり、2度目の号砲でスタート。抜群のスタートで1台目に入ると、隣のダニエル・ロバーツ(米国)と競り合いながらハードルを越えていく。そして、最後の10台目を跳び、わずかに0秒03競り勝って先頭でゴールに飛び込んだ。各組2着+2人に与えられるファイナル切符を一番乗りで決め、決勝進出の快挙を成し遂げた。

 2021年東京五輪では日本勢57年ぶりとなる準決勝進出。昨年7月のオレゴン世界陸上も準決勝までたどり着いたが、海外勢に体格差を突きつけられた。今年6月の日本選手権は13秒04(向かい風0.9メートル)で3連覇。東京五輪金メダル選手と同タイムを叩き出し、自身の持つ日本記録を0秒02更新した。

 その後は世界最高峰のダイヤモンドリーグ・ローザンヌ大会で初優勝。全種目通じて日本男子初の快挙だった。同ロンドン大会では13秒06の好タイムで2位に。今大会は20日の予選を組2着で2大会連続予選突破していた。

 横地大雅(TeamSSP)は予選で14秒39の組8着だったが、隣りの選手が転倒した影響を受け、救済措置で準決勝に進出。14秒93(向かい風0.2メートル)の2組9着で敗退した。2大会ぶり3度目出場の高山峻野(ゼンリン)も13秒34(向かい風0.1メートル)の3組5着で敗退した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集