[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン脱帽の100m決勝大激戦にネット衝撃 2~4位は9秒88「1人メダル貰えない」「レベル高すぎ」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は20日(日本時間21日)、男子100メートル決勝が行われ、昨年大会で日本人過去最高の7位入賞を果たしたサニブラウン・ハキーム(東レ)が10秒04(無風)で6位に入った。ノア・ライルズ(米国)が今季世界最高9秒83で金メダル。2~4位は9秒88で3人が並ぶ大激戦となり、日本の陸上ファンも「2、3、4位が9秒88で3人並ぶのやばすぎだろ」「レベル高すぎる」「1人メダル貰えないの辛すぎる」と驚いた。

世界陸上・男子100メートル決勝で2~4位が9秒88で3人並ぶ大混戦となった【写真:ロイター】
世界陸上・男子100メートル決勝で2~4位が9秒88で3人並ぶ大混戦となった【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は20日(日本時間21日)、男子100メートル決勝が行われ、昨年大会で日本人過去最高の7位入賞を果たしたサニブラウン・ハキーム(東レ)が10秒04(無風)で6位に入った。ノア・ライルズ(米国)が今季世界最高9秒83で金メダル。2~4位は9秒88で3人が並ぶ大激戦となり、日本の陸上ファンも「2、3、4位が9秒88で3人並ぶのやばすぎだろ」「レベル高すぎる」「1人メダル貰えないの辛すぎる」と驚いた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 これが世界最高峰と言うべきか。8レーンから飛び出したサニブラウンはライルズらに先行を許しながら懸命に食い下がる。終盤も失速することなくゴールに飛び込んだ。ただ、その前には5人がいた。「いがあ、マジで悔しい」とサニブラウンは「他の選手たちを見ていると、ここ(準決勝から決勝で)でもう1段階ギアを上げてくるので。それができないと勝てないなと、今年も身に染みて感じた」とレベルの高さに脱帽した。

 ライルズに続いた2~4位は9秒88。1000分の1秒単位の差で2位テボゴ(ボツワナ)、3位ヒューズ(英国)がメダルを獲得し、4位セビリア(ジャマイカ)はメダルを逃した。ここまで9秒8台で、それほどハイレベルで大混戦だった上位。ネット上でも「2、3、4位が9秒88で3人並ぶのやばすぎだろ」「ほんとに大接戦」「3人並んでメダル圏外ってどうしろってんだ」「接戦すぎるな」「競りすぎ」「3人が9秒88ってすごいね」「1人メダル貰えないの辛すぎる」「レベル高すぎる」の声が上がった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集